店舗設備は購入するよりもリースがお得

店舗設備を用意する際に、一般的には購入する事を考えるものですが、それ以外の選択肢としてリースを利用する方法もあります。

設備をリースで用意した場合には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

設備導入の費用を抑える事ができる

店舗設備の種類にもよりますが、購入する場合は多くの費用が必要になるので、初期投資として多額の資金を確保しなければなりません。

その一方で、リースを利用した場合は事情が大きく異なります。

契約に際して初期費用は掛からず、月々一定の費用を支払うだけで済みますので、最初に掛かる費用を抑えられると共に、そこで浮いた資金を他の部分に回すことも可能になります。

また設備を導入した場合は、保険料の支払いや物件廃棄の管理事務などの管理事務負担が生じることもありますが、このあたりの負担も軽減できますので、設備をリースした方がお得になるのです。

リースには金利の変動が無い

一般的に店舗設備を用意する際には、金融機関から借り入れをして費用を賄う事もありますが、金融機関ではその時々の情勢により金利が変動します。

金利の変動は、誰もがコントロールできず予測も難しいため、出費が少なからず増える可能性もあるのです。

その一方で、リースを利用する方がお得な理由として、毎月の支払い額は金利の変動とは全く関係が無い点が挙げられます。

あくまで、契約時に確認した固定金額のみを毎月支払うことになりますので、毎月の支払い額が平準化できて、金利の変動リスクを回避する事ができるのです。

また金融機関から借り入れをしませんので、先々の大きな投資の事を考えて、金融機関の借入枠を温存できる点にもメリットがあります。

設備の破損や故障があっても安心

さらに、購入ではなくリースを利用する方がお得な理由として挙げられるのは、設備の破損や故障があっても安心な点です。

というのも、こうしたレンタルの設備はいずれも保険に加入していますので、万が一にも設備の破損や故障があっても保険でカバーされる事になり、利用者側に修理や買い替えなどの負担が生じることが無いのです。

ただし、こうした保険には1つ注意すべき点があり、利用者の責任の伴う破損や故障などについては保険の補償対象外になりますので、ご自身で壊すことが無いよう取り扱いには十分に気をつけましょう。

内装工事のリース・ローンのご案内

当サイトが提携している、「内装工事のリース・ローン」をご紹介できます。

  • 内装工事のみも利用可能
  • 個人事業主、法人1期目も利用可能
  • 記入、押印なしで審査が可能
  • 自己資金、決算書不要で審査可能
  • 融資の審査に落ちても、審査通過の可能性
  • 審査回答は最短2営業日、標準でも5営業日
  • 上限1億円、金利3.9~4.9%、返済期間7年

内装工事リース・ローンの無料相談

内装デザイン事例・お客様の声・見積書・提案事例

担当者

店舗内装工事見積り比較.comの担当者

最新の見積り依頼

  • 過去100件の履歴はこちら
  • 2022年5月24日
    埼玉県さいたま市 スポーツジム
  • 2022年5月24日
    東京都品川区 スクール
  • 2022年5月24日
    神奈川県川崎市 ジム
  • 2022年5月24日
    愛知県名古屋市 ハンバーガー
  • 2022年5月24日
    東京都世田谷区 カフェバー
  • 2022年5月24日
    静岡県浜松市 ガールズバー
  • 2022年5月23日
    神奈川県鎌倉市 居酒屋
  • 2022年5月23日
    神奈川県川崎市 カフェ
  • 2022年5月23日
    宮城県仙台市 美容室
  • 2022年5月23日
    神奈川県横浜市 バー
  • 2022年5月23日
    埼玉県さいたま市 心療内科クリニック
  • 2022年5月23日
    大阪府八尾市 学習塾
  • 2022年5月23日
    東京都千代田区 焼肉屋
  • 2022年5月23日
    東京都板橋区 デイサービス
  • 2022年5月23日
    東京都千代田区 原状回復
  • 2022年5月23日
    北海道札幌市 美容室
  • 2022年5月22日
    大阪府大阪市 焼き鳥屋
  • 2022年5月22日
    福岡県糟屋郡 歯科医院
  • 2022年5月21日
    東京都中央区 テイクアウト
  • 2022年5月21日
    東京都小金井市 バー

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ