飲食店の内装工事費用と坪単価

飲食店の内装工事費用と坪単価

飲食店を開業する時に気になるのは、「店舗の内装工事に、いくらぐらい費用がかかるのか?」ということではないでしょうか?

この記事を最後までお読みいただくことで、飲食店の内装工事にかかる費用の概要を知ることができます。

当サイトは、2010年から数多くの飲食店を工事しており、類似サイト以上に多くの知識と実績がありますので、ぜひ参考にしてください。

結論から言えば、新装か改装かによって、飲食店の内装工事にかかる費用と坪単価は全く変わってきます。

飲食店の「新装」の場合

新しい物件を借りたり、購入したりして飲食店を開業するケースでは、内装工事費用はどれくらいかかるのでしょうか?

15坪くらいの飲食店で新装の場合、内装工事費用の目安は、1坪30万円~50万円(厨房機器は別途)です。このうちの半額くらいが、電気・ガス・水道・空調・給排気などの設備工事に費やされます。

飲食店の「新装」の坪単価
・1坪30万円~50万円(厨房機器は別途)
・坪数×坪単価=工事費用(1坪=約3.3m2

また、物件の規模(大きさ)によっても、内装工事費用と坪単価が変わってきます。

例えば、5坪の店舗と15坪の店舗を比較しても、最低限必要な設備工事はほとんど変わらないため、15坪の店舗より5坪の店舗の方が坪単価としては高くなります。

逆に、50坪のように大きな店舗でも、必要な設備工事はあまり変わらないため、15坪の店舗より50坪の店舗の方が坪単価は下がります。つまり・・・

坪数坪単価の目安
5坪の店舗平均的な坪単価より高くなる
15坪の店舗平均的な坪単価
50坪の店舗平均的な坪単価より安くなる

これは20坪や30坪の物件でも言えることで、飲食店の内装工事費用は、物件が広くなればなるほど坪単価は下がっていきます。

内装工事費用とは別にかかる費用として厨房機器がありますが、厨房機器は業種によって全く価格が違いますので、事前にインターネットなどで相場を調べて予算を組んでおきましょう。

飲食店の「改装」の場合

居抜き物件と呼ばれる、以前に飲食業をやっていた物件を借りて開業するケースでは、内装工事費用はどれくらいかかるのでしょうか?

飲食店の改装の場合は、元々の設備があることが前提になります。元々の設備に手を加えなければ、15坪くらいの飲食店なら、1坪15万円~30万円(厨房機器は別途)で工事できます。

飲食店の「改装」の坪単価
・1坪15万円~30万円(厨房機器は別途)
・坪数×坪単価=工事費用(1坪=約3.3m2

ただし、厨房の位置を変えるなど設備に変更を加えると、新装の内装工事費用と変わらなくなります。厨房は防水工事がしてあり、区画を小さくしたり、大きくしたりすることが難しいためです。

ですから、もし改装や居抜きでコストダウンを図るつもりなら、元々あった厨房を活かす方向で考えましょう。

居抜きがスケルトンより安くなるのは事実ですが、それは元々ある設備を活かすからであって、設備を変えるのであれば、新装の内装工事費用とあまり変わらなくなってしまいます。

飲食店の設備工事の重要性

飲食店の内装工事では、電気・ガス・水道(給排水)・エアコン(空調)・ダクト(給排気)などの設備工事に多くの費用がかかるため注意が必要です。

飲食店の業種によっては、電気容量やガス容量が足りないケースがけっこう出てきます。設備容量が足りなければ、電気線やガス管を太くするといった追加工事が必要になりますので、工事費用がかさんでしまいます。

物件の設備容量は不動産屋や大家さんに聞けば分かりますので、予めきちんと把握しておくことが肝心です。

建築図面があれば内装業者は判断できますので、できれば不動産屋のチラシのような平面略図ではなく、不動産屋に頼んで正式な図面を手に入れてください。

居抜きを改装する場合、前のテナントが飲食店をやっていれば、だいたいの設備はそのまま使えるだろうという予測はできます。

ただし、最近は事務所だとテナントが入らないので、事務所仕様の物件を飲食店で募集しているところも多いです。事務所仕様の物件だと設備容量が足りず、余計に費用がかかるケースもありますので注意しましょう。

飲食店の内装工事費用と坪単価の関係

飲食店の内装工事費用を大まかに知るための方法として、坪単価から見積もる方法があります。

坪単価とは1坪あたりにかかる内装費用のことで、「物件の坪数×坪単価」という掛け算によって計算され、予算の目安としてよく利用されます。

飲食店の内装工事費用を坪単価で見積もる場合に、どんな条件によって金額が変化してくるのかを見てみましょう。

坪単価に関して知っておきたいこと

まず坪単価とは、飲食店の内装工事を行う際の総額を、1坪当たりの単価に換算した金額のことを指します(1坪=およそ3.3m2)。

全体の工事費用を延べ床面積(坪)で割る事で算出し、物件の坪数に坪単価を掛けることで、おおよその目安の金額を算出できます。

物件の坪数×坪単価=工事費用(厨房機器は別途)
※1坪=およそ3.3m2

飲食店では室内装飾に凝ることが多く、厨房・客席・トイレが必要となり、電気・ガス・水道(給排水)・エアコン(空調)・ダクト(給排気)など、多くの設備工事が必要になります。

特に電気やガス工事などは、お店の規模や業態によっては追加で工事を行なう必要が生じる場合もあり、飲食店の内装工事は、他の業種と比較して坪単価が高くなる傾向があります。

設備工事については、飲食店の業種によって大きく費用が異なり、軽飲食では費用が安くなるものの、重飲食では追加でかかる費用が大きくなる場合があります。

軽飲食とは、カフェなどの調理設備が限られた煙が発生しにくい店舗を指し、その一方で重飲食とは、焼肉屋や居酒屋など調理器具が多く煙も多く発生するタイプの店舗を指します。

一般的に、飲食店の内装工事の坪単価は30~50万円程度が相場とされますが、店舗の種類や設備の違いにより坪単価は大きく上下します。

立地や客層と坪単価の関係

またあまり知られていない所で、どの場所で店舗を開くかという立地の要素や、ターゲットとする客層などの要素によっても、少なからず坪単価には違いが生じます。

まず立地についてですが、同じ工事を行うのでも、繁華街での工事と郊外での工事では費用に違いが出てきます。

続いてターゲットとなる客層についてですが、例えば居酒屋のように大衆向けの店舗の場合は、それほど高価な建材を使う事がなく坪単価を抑えることができます。

その一方で、フランス料理のレストランなどは、比較的に裕福なターゲット層にサービスを提供することになりますので、雰囲気を出すためにも内装の手を抜く訳にもいかず、クロスや扉一つとっても質の良い建材を選びます。

高級店では、工事の総額が上がると共に坪単価も高額になりやすく、このあたりも知っておきたい点として挙げられます。

飲食店の業種により異なる坪単価

飲食店の種類はたくさんありますし、どんな飲食店にするかによって必要な内装工事は大きく異なります。

同じ坪数を工事をするにしても、坪単価が安くなる飲食店もあれば、高くなる飲食店もあるわけです。坪単価が安くすむ飲食店は、主にカフェや喫茶店といった軽飲食の業種です。

それほど広いスペースを必要とせず、厨房と飲食スペースを明確に区切る必要もなく、大型の厨房機器を設置する必要もなく、空調や換気システムも大掛かりにならないのが理由です。

逆に、本格的な調理を行うレストランなどの重飲食の業種になると、坪単価は高くなります。

お店のグレードにより異なる坪単価

飲食店に限らず、坪単価は店舗のタイプやグレードにより大幅に上下します。

厨房機器等の設置工事も含めると、本格的な厨房機器を揃えなくてはいけないレストランなどの重飲食タイプは、どうしても坪単価が高くなります。逆に、それほど大掛かりな調理を必要としない軽飲食タイプであれば、坪単価は安くすみます。

また店舗のタイプが同じでも、親しみやすい庶民的なスタイルのお店にするのか、高級志向のリッチなお店にするのかという、どんなグレードにするかによっても坪単価は異なってきます。

その他、坪数によっても坪単価は影響を受け、広いほど坪単価的にはお得になります。実際の坪単価は物件の状態により変わってきますが、およそ1坪当たり20~80万円の範囲となります。

一般的には、軽飲食の内装工事費用の相場は坪単価30~40万円くらいです。内装にこだわって少しグレードを上げると坪単価40~60万円くらいになり、さらに上のグレードになると坪単価60~80万円となります。

軽飲食でも、下と上を比べたら約50万円もの差が出る場合もありますので、予算に応じてお店のグレードを選ぶことが重要です。

広い方が坪単価的にはお得になる

坪単価は、工事を行う坪数によっても異なってきます。例えば、同じ内装工事を行うとしても、10坪か30坪かによって坪単価が違ってきます。

どちらの坪単価が安くなるのかというと、答えは後者の30坪です。その理由は、坪数が多くても少なくても必要な設備工事は変わらないからです。

面積が広い方が工事費用も分散されるため坪単価は安くなりますが、広いほど工事する面積も増えることになるので、坪単価は安くなっても全体的な内装工事費用は高くなります。よって、坪単価が安ければお得とは限りません。

坪単価を安く抑えるには、複数の業者に見積もりを依頼することもポイントです。また自分でできる工事は自分でやるという手もあります。

予算に限度があって坪単価を抑えたい人は、工夫を凝らして内装費用の坪単価を抑えてみましょう。

飲食店の内装工事にかける予算の目安

美味しい料理を提供できる腕を磨くことはもちろんですが、お客様が居心地よく食事ができる内装に仕上げることも、飲食店には重要です。

しかし内装にこだわるにしても、予算というものがあるでしょう。一般的に飲食店の内装工事費用にはどれくらい充てるべきなのか、予算の目安を確認してみましょう。

いくらでも投資する余裕があれば、自由に理想の飲食店を開くことができますが、実際には開業資金に限りのある場合がほとんどです。その中から何とか内装費用を捻出しないといけません。

飲食店の内装費用の目安は開業資金の約半分と言われていますが、いくらまで投資すべきなのかを坪単価的から考えてみましょう。

開業資金の約半分が予算の目安

どんな物件で、どんなお店にするのか、またどんなジャンルの飲食店を始めるのかなど、条件によって内装工事にかかる金額は大きく変化します。

そのため具体的な予算の目安を示すことはできませんが、開業資金の合計の約半分が、内装工事にかける予算の目安になります。

例えば、1,000万円で飲食店を開業する場合は、半分の500万円まで内装工事費用として使うことができます。

500万円もあれば十分かと思いきや、そこから厨房器具なども購入しないといけないため、予算ギリギリいっぱい、あるいは費用を節約しなければ収まらない可能性もあり得ます。

飲食店の内装工事には、予想以上にお金がかかるものと覚えておきましょう。

予算が多く必要になる飲食店

一般的に内装工事の費用が高くなる飲食店は、高額な厨房機器が必要な業種です。

和洋中に限らず本格的な調理を行う飲食店では、様々な厨房機器が必要となるため多くの費用がかかります。パン屋のように専用機器が必要な飲食店も、予算が多く必要になります。

内装工事の費用を抑えるために厨房機器を中古で購入したり、リースを利用することも検討しましょう。厨房機器の費用が抑えられれば、飲食スペースの内装工事にお金を回せます。

予算が少なくてすむ飲食店

軽食を提供するカフェや喫茶店などの軽飲食タイプは、上記の飲食店と比べて厨房機器にはそれほどお金がかかりません。

軽飲食なら飲食スペースと厨房スペースを統合しやすく、レストランなどの重飲食ほど厨房スペースをきっちり作る必要がないため、全体の工事費用も抑えやすいです。

また軽飲食には大きな火力も不要ないので、空調や換気に関する工事費用も抑えられます。

目安である開業資金の約半分よりも内装工事費用を削減することもできますし、厨房の工事費用が少ない分、その予算を飲食スペースの内装工事に使うこともできます。

飲食店の内装工事費用は、開業資金の約半分を予算の目安として、それを超えるようなら半分に抑えるように工夫しましょう。

開業資金から投資すべき坪単価を逆算

上記の坪単価から、自分がどんなタイプでどれくらいのグレードの店舗を開業したいのか、あるいは開業できるのかを考えてみましょう。

例えば開業資金が1,000万円あるとします。このうち半分を内装工事等に充てるとすれば、500万円が予算となります。そして物件の坪数を20坪として坪単価を計算すると、1坪あたり25万円までかけられるという計算になります。

もっと坪単価を上げてグレードの高いお店にしたければ、開業資金をもっと多く用意する必要があります。

いくらまで投資すべきかというよりも、いくらまで自分が投資できるかを先に考えた上で、調整すると良いでしょう。

居抜き物件を選んで坪単価を抑える

上の例で挙げた開業資金1,000万円の話は、十分に予算がある方の話だと思います。実際にはそれほど用意するのは難しく、もっと低予算で開業したいとお考えの方も多いでしょう。

そんなときに、1坪あたりの坪単価を大幅に抑えるには、居抜き物件を活用する方法があります。

すでに店舗としての内装がある程度整っていて、それをそのまま流用できれば、スケルトン物件ほど工事にお金がかかりません。

いくらまで投資すれば良いかということよりも、自分がどれくらい投資できるかが重要です。投資できる範囲の中から、店舗のタイプやグレードを決めていきましょう。

飲食店の内装工事費用を削減する方法

飲食店にかかる内装工事費用の相場は、開業資金の約半分が一般的とされています。もちろんあくまで目安なので、相場より安く抑えようと思えば方法はいくつもあります。

飲食店の開業で半分以上の予算を費やす、内装工事費用を少しでも安くしたいという方は多いでしょう。費用が安くなれば、浮いたお金を他に使ってお店のクオリティを上げることもできます。

どうすれば内装工事費用を削減できるか、そのうちの基本的なテクニックを見ていきましょう。

改装での開業を優先させる

改装での開業を優先させれば、内装工事費用を大幅に削減できます。1坪あたり10~20万円は削減することができるでしょう。

何とか居抜き物件を探して、既存のレイアウトと設備をそのまま利用すると、内装工事費用を削減することができます。塗装など自分でできることがあれば、業者に頼まずに自分でやることも大切です。

さらに友人がインテリア関係の仕事をしていれば、格安で仕事をお願いしたりして、コネをフルに活用することもポイントです。

もし厨房機器を新たに追加しなければいけない場合は、中古の厨房機器の購入を検討することもできるでしょう。

住宅を兼ねた店舗物件を探す

内装工事費用を削減する別の方法は、住宅を兼ねた店舗物件を探すことです。

これは新規開業のケースのみとなりますが、家を建てるついでに店舗も作ってしまおうということで、設備工事などを一度で終わらせられるメリットがあります。

結果として、トータルで内装工事費用の見積もりを出すことができるため、交渉しやすくなるのです。この方法が有効なのは、設備部分の大きな工事を必要としないカフェなどの場合です。

住宅を兼ねていると、仮にお店を閉めたとしても、お店の部分を貸し出すことによって賃料収入を確保できるメリットもあります。

見積もりの際の交渉方法

内装工事の見積もりを出す時は、必ず複数の業者に依頼しましょう。そうすることで、それぞれの業者が他社と競争して真剣に見積もりを作成してくれるため、費用を削減することができます。

また、こちらから内装工事の予算を提示して、その予算に合わせた見積もりを作ってもらうのも大切なポイントです。

予算が多くない場合は、なかなか予算の金額を伝えるのをためらう場合があるかもしれませんが、内装業者と話を進めていくには信頼関係が大切なので、きちんと説明するようにしましょう。

内装業者との交渉は簡単に行える方法ですので、まずはそのあたりから実践してみるのも良いでしょう。

厨房機器は中古やリースで用意する

開業資金のうち、大きな金額を占めるのが厨房機器です。

本格的な調理を行うお店や、専門の調理機器が必要なお店で新品を用意するとなると、あっという間に予算をオーバーして、その他の内装にかけるお金がなくなってしまいます。

厨房機器にお金がかかりすぎるときは、中古やリースを利用して費用を抑えましょう。中古であれば当然新品より安く購入できますが、安さを重視し過ぎず、状態の良い物を選ぶのがポイントです。

リースは月々の費用こそかかってしまいますが、初期投資を実質ゼロに抑えることができます。厨房機器の工夫次第で、開業にかかる費用は大幅に抑えることができます。

自分でできる内装工事はDIYする

でき上がった棚を買うよりも、自分で材木を用意してDIYしたほうが圧倒的に安上りなのと同じように、内装工事も自分でやってしまったほうが安上りです。

もちろん素人の腕前ではプロの施工には敵いませんので、自分のDIYスキルに応じて、できる範囲の内装工事を自分でやるのがポイントです。

例えば、壁を塗ったり、看板を作ったり、床を張ったり、業者にお願いする工事が少なくなればなるほど費用を抑えることができます。

自分で作業をすると費用を抑えられるだけでなく、手作りの温もりを演出できる点もメリットになります。

複数の業者から見積もりを取る

餅は餅屋というように、内装工事も内装業者に任せるのが一番です。

いくら節約のためにDIYすると良いといっても、プロの手には絶対に敵いません。費用を安く抑えたいとしても、頼るべきところではプロに頼ってください。

ただしプロにお願いする際には、必ず複数の内装業者を検討しましょう。内装業者はたくさんありますが、技術も金額も一定ではありません。

業者が不得意とする内装をお願いすると費用が高くなり、逆に、業者が得意とする内装をお願いすれば安くなることもあります。複数の業者に見積もりを依頼して、その中から理想的な業者を選びましょう。

他にも費用を安く抑えるには、そもそもの物件取得にかかる費用を安く抑えたり、居抜き物件を利用したりする方法もあります。

上記のテクニックを基本としつつ、自分でできる節約方法も探して工夫してみましょう。

内装工事費用を安く抑えるポイント

飲食店の内装工事費用を安く抑えるポイントは、まとめると主に以下の5つです。

  1. 電気・ガス・水道・エアコン・ダクトなど、設備が整った物件を探す。
  2. 居抜き物件を探して、内装・厨房機器・備品などをそのまま利用する。
  3. 壁を塗るなど、自分でできそうなことは自分でやる(DIYする)。
  4. インターネットで厨房機器を探したり、中古の厨房機器を購入する。
  5. 家具店やホームセンターを活用して、家具・什器・備品を安く揃える。

内装工事費用を安く抑えるポイントは、以下でも詳しく解説しています。

どこまで予算に合わせてくれるか?

自分が提示した予算内で、内装業者が工事計画を組んでくれるかも気になるところです。

常識の範囲内で、よほど無謀な予算を提示しない限りは、ほとんどの内装業者が予算に応じた見積もりを組んでくれますので、これについては心配することはありません。

そのためには、見栄をはらずに正直に、内装業者に対して希望の金額を伝えましょう。

内装工事は契約に基づく商売ですが、どんな商売でも人と人とのつながりが基本にあることは変わりません。真摯な態度で信頼関係を築くことが大切です。

ローンは組めるのか?

ほとんどの内装工事はローンを組めませんので、現金払いが基本になります。

工事の見積書によって、日本政策金融公庫や銀行などの金融機関から融資を受けるのが一般的です。融資が決裁された時点で契約し、内装業者の口座に現金を振り込む形になります。

工事の「着手前に半額」を支払い、工事完了後「1週間以内に残金」を支払う場合が一般的です。着手前に3分の1、中間で3分の1、完了後に3分の1の場合も多いです。

また、厨房機器に関しては中古やリースもありますので、予算が足りない場合には中古やリースを活用する方法もあります。

厨房機器のリースには審査がありますが、ほとんどの内装業者が仲介手続きをしてくれますので、必要な場合は相談してみましょう。

内装デザイン事例・見積もり提案事例

当サイトの加盟業者様が施工した事例です。以下のリンクから、飲食店の業種別の「内装デザイン事例・見積もり提案事例」をご覧いただけます。

飲食店以外の内装工事費用

飲食店以外の内装工事費用については、以下のページをご覧ください。

まとめ

ここまで、飲食店を開業する際の内装工事費用の目安や坪単価からの考え方、内装工事にかける予算や安く抑えるポイントについて解説してきました。

こちらの記事で、内装工事費用の目安を知り、適切な予算を知ることができたと思います。こちらの情報を参考にして、理想のお店が完成することを願っています。

無料見積もり申込・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積もり申込・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積もりからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積もり・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積もり(現地調査も無料)
  • 紹介した業者に決めても、手数料は不要です。

店舗内装工事の見積もり比較

最新の見積もり依頼

初めてのお客様もご安心いただけますように、当サイトの「無料見積もり申込」の状況をご覧いただけます。(更新日時:2024年4月16日 18時54分)

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年4月16日 東京都豊島区 カフェ
  • 2024年4月15日 千葉県南房総市 居酒屋
  • 2024年4月15日 愛知県豊橋市 トリミングサロン
  • 2024年4月15日 千葉県流山市 カフェ
  • 2024年4月15日 東京都江戸川区 アイラッシュサロン
  • 2024年4月15日 東京都中野区 エステサロン
  • 2024年4月13日 鳥取県鳥取市 バー
  • 2024年4月13日 東京都中野区 パーソナルジム
  • 2024年4月12日 神奈川県横浜市 美容室
  • 2024年4月12日 佐賀県神埼市 ラーメン屋
デザイン事例・見積もり事例・お客様の声(タップで開閉)

担当者

店舗内装工事見積り比較.comの担当者

最新の見積もり依頼

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年4月16日 東京都豊島区 カフェ
  • 2024年4月15日 千葉県南房総市 居酒屋
  • 2024年4月15日 愛知県豊橋市 トリミングサロン
  • 2024年4月15日 千葉県流山市 カフェ
  • 2024年4月15日 東京都江戸川区 アイラッシュサロン
  • 2024年4月15日 東京都中野区 エステサロン
  • 2024年4月13日 鳥取県鳥取市 バー
  • 2024年4月13日 東京都中野区 パーソナルジム
  • 2024年4月12日 神奈川県横浜市 美容室
  • 2024年4月12日 佐賀県神埼市 ラーメン屋
  • 2024年4月12日 東京都世田谷区 居酒屋
  • 2024年4月11日 神奈川県横浜市 トリミングサロン
  • 2024年4月11日 東京都国立市 ジム
  • 2024年4月11日 東京都渋谷区 オフィス
  • 2024年4月10日 宮城県仙台市 カジノ
  • 2024年4月9日 東京都千代田区 美容室

無料見積もり・資料請求

無料見積もり・資料請求はこちら

このページの先頭へ