店舗の内装工事費用を削減する3つのポイント

店舗の内装工事費用を削減する3つのポイント

店舗の内装工事費用は、安いに越したことはありません。店舗を開業する時は、「できるだけ店舗の内装工事費用を削減して、資金に余裕を持たせたい」と思う方が多いのではないでしょうか?

この記事を最後までお読みいただくことで、店舗の内装工事費用を削減する方法について知ることができます。

当サイトは、2010年から数多くの店舗を工事しており、類似サイト以上に多くの知識と実績がありますので、ぜひ参考にしてください。

結論から言えば、物件と内装業者の選び方やDIYなど、3つのポイントを押さえることで、店舗の内装工事費用を削減することができます。順番に見ていきましょう。

【1】居抜き物件を探すポイント

店舗の内装工事費用を安くできるかどうかは、物件選びで決まると言っても過言ではありません。スケルトン物件か居抜き物件か、どちらを選ぶかで大きく内装費用が変わってきます。

スケルトン物件は、何もない四角いスペースを思い浮かべてもらえれば分かりやすいでしょう。居抜き物件とは、前店舗の設備や残置物などがある物件のことです。

どちらが内装費用を抑えられるかは、比べるまでもなく明らかでしょう。答えは、もちろん居抜き物件です。

例えばラーメン屋の居抜き物件に、ラーメン屋を開業するとしましょう。必要なレイアウトは既ににあり、ガスや水道も工事が不要で、設備もだいたい使用できるならば、大幅に工事費用を削減できます。

電気・ガス・水道・空調(業務用エアコン)・給排気(排気ダクト)が整っている居抜き物件を利用すると、内装工事費用を相場より大きく削減することも可能です。

飲食店の場合で、スケルトン物件と居抜き物件で比較すると、まとめると以下の表のようになります。

飲食店の場合
15~20坪スケルトン物件居抜き物件
電気工事80~100万円20万円
ガス工事35~40万円10万円前後
水道工事60~120万円10~15万円
空調工事80~120万円12万円
給排気工事80~100万円0円
設備工事一式最低300万円100万円以下

飲食店を例にして、以下でさらに詳しく見ていきましょう。美容室やクリニックでも、基本的な考え方は変わりませんので参考にしてください。

内装工事費用を削減できる居抜き物件

最も手っ取り早く、効果的にコストダウンする方法は、設備が残っている居抜き物件を改装することです。飲食店なら厨房やトイレ、美容室ならシャンプー台など、設備の位置を変更しなければ、内装工事費用は確実に安くなります。

そういう意味では、居抜き物件を探すなら、同じ業態で探すと良いでしょう。逆に言えば、業態が変わるなら、居抜き物件を選んでも費用的なメリットは少なくなります。

同じ飲食店でも業態が違うと、厨房機器が使えなかったり、レイアウトを大きく変更しなければならない場合も多いので、解体費用もかかり、居抜き物件の方が高くなる場合もあります。

ただし、居抜き物件を同じ業態で開業するのは、内装工事費用は削減できても、経営的なリスクを伴います。前の方が同じ居酒屋やっていて閉店するのは、居酒屋が難しい地域なのかもしれません。

その業態が難しい可能性もあるので、業態は変えた方が無難です(イタリアン→居酒屋など)。厨房などの設備が使える飲食店の居抜き物件を探し、別の業態で開業するのがベストな方法です。

もしデザインやレイアウトにこだわりがあるなら、解体費用が不要になるため、スケルトン物件から工事した方が内装工事費用は安くなります。内装デザインのイメージも固めやすいでしょう。

新装の場合は、設備工事のグレードを落として工事費用を削減することは避けるべきです。例えば、エアコンの馬力数を落とすと夏は暑く、冬は寒くなるので、結果的にお店の評判が悪くなります。

店舗は続けていくことが前提ですから、開業時だけの費用に惑わされず、長い目で見て判断してください。

店舗兼用住宅のメリット・デメリット

新築ならば、住宅の工事と一緒に店舗側の設備工事も行えば、工事費用を安く収められる可能性があります。後から改築する場合は、店舗の業種にもよりますが、新築時に行うより工事費用が高くなる場合が多いです。

カフェなどの設備工事があまり多く必要ない業種は工事費用が安くなりますが、設備工事が多く必要な業種だと高くなります。また、店舗と住宅部分の外観を差別化する必要があり、外装の工事にもお金がかかります。

店舗と住宅が一緒だと肉体的には楽ですが、住宅兼用度が高い作りだと、やめる時に店舗として借りてくれる人が減ります。そういう意味では、住宅と店舗部分は明確に分けておいた方が無難でしょう。

きちんと店舗として作っておけば、やめた後に貸すことも可能となり、ローンの残債をテナント料でカバーできるかもしれません。上にオーナーが住んでいるのを嫌がる人もいますが、逆に安心という人もいます。

効果的に仕様を変更するには?

自分のやりたいことを少しでも妥協できると、内装工事費用は安くなります。

クロスの素材を一段階グレードを落とす、表面仕上げの素材を変更するなど、仕様変更してコストダウンすることも可能です。見積もりの段階で業者にお願いすれば、代替の素材や仕上げ方法を提案してくれます。

厨房だけ元のまま使用して、他の部分をきれいに工事しても良いでしょう。看板だけ変えても、前のテナントの雰囲気が残ってしまうので、内装や全体の色を大きく変更するのがおすすめです。

お客様が外から見て、店舗が変わったという印象を持ってもらう最良の方法は、色の変更です。上手に色を活用すると、思いがけないコストダウン効果が生じることを覚えておきましょう。

【2】自分でDIYするポイント

店舗の内装工事はプロにお任せするのが無難ですが、予算の都合から自分でDIYして節約したいと思うこともあるでしょうし、手作りを活かした内装にしたいということもあるでしょう。

内装工事費用を削減したいのであれば、壁を塗るなど、自分でできそうなことは自分でやることです。業者さんに相談すれば、自分でできそうな部分についてアドバイスをもらえるでしょう。

ただし、中にはDIYでは解決できない工事もあります。電気・ガス・水道・空調・排気などの設備工事、飲食店の厨房機器の設置、美容室のシャンプー台の設置、クリニックの医療機器の設置にはプロに任せるべきです。

また、工事やDIYに自信が無い方にもおすすめしません。自分でやっても仕上がりがいまいちであれば、結局は時間とお金の無駄ですし、センスが悪くて営業に悪影響を与える可能性もあります。

安くしようと思えばいくらでも可能ですが、あまり安くし過ぎるとお店の魅力が低下してしまいます。DIYのポイントを押さえて、どれだけ費用を節約することができるのかを見ていきましょう。

何をDIYできるかは自分の力量しだい

どんな部分が自分でDIYできるかは、ご自身の力量次第です。その気になれば、店舗の内装すべてを自分で工事することも不可能ではありませんし、実際にそうされている方もいます。

床・壁・天井など内装や、机・椅子・インテリアなどの什器や備品など、自分ができると自信を持てる範囲でDIYを行って、費用の節約に挑戦してみましょう。

ただし、難しいと思える作業には手を出さないことです。失敗を重ねて、お金も時間もかかってしまい、結局は最初からプロに任せた方が安かったという結果にもなりかねません。

危険な設備工事は絶対に避ける

設備工事もある程度は自分でできる場合もありますが、基本的にプロに任せるべきです。なぜなら、電気・ガス・水道・空調・排気などの設備工事は、難しいだけでなく危険が伴うためです。

知識のない素人が作業した結果、作業中に事故が起きてしまう恐れもありますし、設置が不十分で開業後にとんでもない問題が生じる可能性もあります。

店舗の設備工事はプロに任せて、自分でDIYするのは、危険度の少ない内装工事のみに限定しましょう。

プロの作業は決して邪魔しない

自分のできる範囲で、危険のない範囲でDIYすれば節約できますが、それでも気を付けておきたい点があります。それは、プロの作業は決して邪魔しないということです。

業者はプロの判断で、的確に作業を進めています。そこに節約したいからと横やりを入れたり、一緒に作業して邪魔をするようなことになれば、業者も気持ちよく仕事ができず、作業を投げ出されてしまう恐れもあります。

自分に技術がある上でのDIYであれば、そこに魅力を見出すこともできますが、むやみに挑戦しても業者と揉めることになりかねませんので、節約にこだわりすぎないようにしましょう。

お互いに気持ちよく作業できて、素敵なお店を作ることを一番の目標としましょう。

【3】内装業者を選ぶポイント

複数の業者から見積もりをもらって、自分にとって1番良い条件と金額を出してくれる業者を選ぶことで、内装工事費用は大きく削減できます。

業者を選ぶのが面倒ということで、手間を省いてはいけません。工事が始まってから、他の業者より高かったことに気付いても手遅れです。

ただし、金額だけで業者を選んではいけません。何度も追加工事が必要になって、最終的に工事費用が高額になってしまうケースも少なくありません。

安くて満足のいく工事をしてくれる業者を選ぶために、見積もりや提案を比較して業者を選ぶポイントを見てみましょう。

一括見積もりサービスを利用する

個別の会社に見積もりを依頼する方法は、あまり有効ではありません。インターネット上で内装工事の見積もりを一括して依頼できるサービスがありますので、そちらを利用するのがおすすめです。

一括見積もりサービスの場合は、業者間でおのずと競争が行われ、他社よりもできるだけ安く、より良い提案をしようと競争原理が働きます。

そのため適正な金額の見積もりを出してくれる業者を見つけやすく、内装工事費用を削減するために非常に有効です。

見積もりの内容をチェックする

内装業者を選ぶ際は、業者によって見積もり金額に大きな開きが出る場合もあります。安い見積もりの方を選択しがちですが、金額だけでなく、作業員数・工事日程・廃棄物処理についてもチェックしておきましょう。

まず作業員数についてですが、安い場合はここでコストを削られている可能性があります。人件費が少なければ工事費用の圧縮に繋がりますが、工事の安全性が損なわれなければ問題ありません。

提示された作業員数が適切であるかは、他の見積もりと比べてみると分かりやすいでしょう。作業員数を確認することで、どこの会社が信頼できるかを見抜くことに繋がるかもしれません。

続いて工事日程についてですが、工事期間が短いほど早く開業できるメリットがあります。ただし、工事日程や工事日数に無理がないかは、事前にしっかり確認しておきましょう。

無理な工事日程が組まれているケースもあり、無理に工事を進めれば、近隣の方に迷惑を掛けることになりかねません。結果として、お店のオープンが遅れることにも繋がります。

さらに廃棄物処理については、万が一後で業者の不法投棄などが発覚した際は、こちらにも責任が及ぶ可能性があります。廃棄物処理が省かれて安くなっていないか、見積もり項目を確認しましょう。

まとめ

ここまで、店舗を開業する際に居抜き物件を探すポイント、自分でDIYするポイント、内装業者を選ぶポイントについて解説してきました。

こちらの記事で、店舗の内装工事費用を削減するポイントを知ることができたと思います。こちらの情報を参考にして、理想のお店が完成することを願っています。

無料見積もり申込・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積もり申込・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック・オフィスの実績多数
  • 見積もりからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積もり・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積もり(現地調査も無料)
  • 紹介した業者に決めても、手数料は不要です。

店舗内装工事の見積もり比較

最新の見積もり依頼

初めてのお客様もご安心いただけますように、当サイトの「無料見積もり申込」の状況をご覧いただけます。(更新日時:2024年5月20日 19時07分)

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年5月20日 東京都中野区 スクール
  • 2024年5月20日 千葉県長生郡 レストラン
  • 2024年5月19日 東京都中野区 カフェ
  • 2024年5月19日 愛知県名古屋市 英会話スクール
  • 2024年5月19日 東京都新宿区 テイクアウト
  • 2024年5月19日 埼玉県深谷市 カフェ
  • 2024年5月19日 神奈川県横浜市 トリミングサロン
  • 2024年5月18日 北海道伊達市 洋菓子店
  • 2024年5月17日 京都府京都市 カフェ
  • 2024年5月17日 愛知県名古屋市 エステサロン
デザイン事例・見積もり事例・お客様の声(タップで開閉)

担当者

店舗内装工事見積り比較.comの担当者

最新の見積もり依頼

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年5月20日 東京都中野区 スクール
  • 2024年5月20日 千葉県長生郡 レストラン
  • 2024年5月19日 東京都中野区 カフェ
  • 2024年5月19日 愛知県名古屋市 英会話スクール
  • 2024年5月19日 東京都新宿区 テイクアウト
  • 2024年5月19日 埼玉県深谷市 カフェ
  • 2024年5月19日 神奈川県横浜市 トリミングサロン
  • 2024年5月18日 北海道伊達市 洋菓子店
  • 2024年5月17日 京都府京都市 カフェ
  • 2024年5月17日 愛知県名古屋市 エステサロン
  • 2024年5月17日 愛知県名古屋市 パーソナルジム
  • 2024年5月17日 大阪府大阪市 ドラッグストア
  • 2024年5月17日 大阪府箕面市 食品販売
  • 2024年5月17日 埼玉県川口市 居酒屋
  • 2024年5月17日 東京都新宿区 小児科クリニック
  • 2024年5月17日 東京都杉並区 居酒屋

無料見積もり・資料請求

無料見積もり・資料請求はこちら

このページの先頭へ