水道工事費用はどのくらい?目安や依頼時のポイントを紹介

水道工事費用はどのくらい?目安や依頼時のポイントを紹介

※本ページはプロモーションが含まれています。

飲食店をはじめとした店舗を開店させる際や改装する際、水道工事が必要になるケースがあります。

水道工事費用が高くなる原因として、給水管が店舗まで届いていない、床・壁などを一度壊す必要がある、工事で使用する道具が高額、浄化槽を設置し直す必要があるなどが挙げられます。

また水道局指定以外の水道工事業者に依頼すると、広告と実際の工事費用が違うなどの金銭トラブルの可能性も考えられるため注意が必要です。本記事では店舗の水道工事費用の目安や水道工事業者に依頼する際のポイントなどを紹介します。

種類ごとの水道工事費用の目安

水道工事にかかる費用は、工事の種類ごとに目安が異なります。種類別の水道工事費用の目安は次のとおりです。

工事の種類費用目安
給水管の引き込み30万~50万円
室内配管10万~20万円
下水道排水工事20万~50万円
浄化槽設置工事90万~100万円

上記の金額はあくまで費用の目安です。店舗の水道工事にかかる費用は店内や厨房の広さ、設備の配置状況によって異なります。そのため、目安よりも工事費用が高くなってしまう可能性もあります。

水道工事費用が高くなってしまう原因

水道工事費用が高くなってしまう原因

水道工事費用が高くなってしまう原因は、次のとおりです。

  • 給水管が店舗まで届いていない
  • 床・壁などを一度壊す必要がある
  • 工事で使用する道具が高額
  • 浄化槽を設置し直す必要がある

給水管が店舗まで届いていない

給水管の引き込み工事は、管から工事場所までの距離によって費用が異なります。引き込む距離が短ければ工事にかかる費用を抑えることが可能です。一方、引き込む距離が長くなると費用はかさんでしまいます。

特に大きな道路を挟んで給水管を引き込むとなった場合、工事が大掛かりになり警備員に依頼するケースもあります。工事が大掛かりになると警備員の費用も負担しなければなりません。

床・壁などを一度壊す必要がある

店舗改装によって水道工事をする場合、床や壁などを一度壊す必要があるかもしれません。

例えばコンクリートの床下を配管が走っているのであれば、床を一度壊す必要があります。水道だけの工事だけでなく、床を壊す工事も発生するため、費用はかさんでしまいます。

工事で使用する道具が高額

水道工事で使用する道具は高額です。例えば水漏れを確認する際には高性能なカメラを使用します。カメラの使用時間に応じて費用が発生します。

また、排水管のつまりを解消するために用いられる道具であるドレンクリーナーも高額です。このように高額な道具を使用するため、工事内容によっては工事費用が高額になってしまいます。

浄化槽を設置し直す必要がある

浄化槽の設置工事は、水道工事においても高額な工事です。飲食店の場合、居抜き物件で営業することがあります。居抜き物件にもともと設置されていた浄化槽を使用していると、発生する汚水処理に適した機能が備わっていない可能性があります。

汚水処理に適した機能が備わっていないにも関わらず使用し続けているとトラブルにつながりかねません。

飲食店から排出される汚水は環境への負荷が強いため、事務所向けの浄化槽では処理しきれません。適切な汚水処理を講じるには浄化槽設置工事が必要になり、結果として水道工事費用がかさんでしまいます。

水道工事を依頼するときのポイント

水道工事を依頼する際は、次のようなポイントを押さえておきましょう。

  • 指定給水装置工事事業者である
  • 対応がスピーディー
  • 店舗が対応エリアに入っている
  • 実績が豊富
  • 対応が丁寧
  • 詳細な見積もりを提示してくれる

指定給水装置工事事業者である

水道工事を依頼する際は、業者が指定給水装置工事事業者(水道局指定業者)であるかを確認しましょう。水道局指定業者は事業所ごとに国家資格保有者が選任されている、水圧テストポンプをはじめとした機器を保有しているといった一定の条件を満たしています。

また、専門的な知識を持つ国家資格保有者が在籍しているのに加えて、専門的な機器を揃えています。

しかし、水道工事を行う業者には水道局の指定を受けていない業者も存在するため、注意が必要です。水道局の指定を受けていない業者は蛇口やパッキンの交換といった軽微な作業は可能ですが、排水管や給水管の交換などは行えません。

さらに水道局の指定を受けていない業者の中には、広告で極端に安い工事費用を掲示しているにもかかわらず、実際に依頼すると想定外の請求をしてきたといったトラブルも報告されています。

そのため、このような不要なトラブルを避けるために水道局指定業者に工事を依頼することが大切です。

対応がスピーディー

水道工事は、内容によってはスピーディーな対応が求められます。例えば水漏れが発生しているのであれば、早めの対応が必要です。このような際にスピーディーに対応してくれる工事業者を選びましょう。

ホームページに「24時間365日対応」「〇分以内に対応」といった文言が記載されているのであれば、スピーディーな対応が期待できます。

業者のホームページに加えて口コミも確認するのもおすすめです。口コミにスピーディーな対応してもらえた旨が記載されていれば、より信頼がおけるでしょう。

店舗との距離

水道工事費用を節約するためには、店舗と水道工事業者の距離が近いことも大切です。水道工事業者が近隣にあれば、水道トラブルが発生したときにも、すぐに駆けつけてくれます。

これは、店舗の営業に影響を与えないように、迅速に対処することができるというメリットがあります。また、出張費を抑えられるため、水道工事にかかる総額の抑制が期待できるでしょう。

出張費は、水道工事業者の料金表によって異なりますが、一般的には、距離や時間に応じて算出されます。そのため、店舗と水道工事業者の距離が長いほど、出張費が高くなる傾向があります。

実績が豊富

水道工事業者を選ぶ際は、実績にも着目しましょう。水道工事業者の実績は業者の創業年と施工件数から確認可能です。創業から年数が経過していればしているほど、施工件数が多ければ多いほど実績が豊富と判断できます。

対応が丁寧

問い合わせをした際の対応が丁寧かどうかも、水道工事業者を選ぶ上でのポイントです。例えば水漏れが発生していて問い合わせをした際、パニックになってしまっているかもしれません。

こちらが慌てている際に親身に話を聞いてくれる、スムーズに見積もりや依頼後の流れを説明してくれるといった対応を取ってもらえれば安心できるでしょう。

電話応対したスタッフの対応が丁寧であれば、実際に作業を担当するスタッフにも丁寧な対応が期待できます。

詳細な見積もりを提示してくれる

予算を適切に組むには、詳細な見積もりを提示してもらいましょう。水道工事は内容によって多額の費用が必要です。水道工事業者の中には、水道工事一式とざっくりとした見積もりを提示する業者もいます。

しかし、このような見積もりでは何に工事費を支払っているのかが分かりません。おおまかな見積もりではなく、基本料金や作業料金、材料費など工事費の内訳を詳細に記載した見積もりを提示してくれる業者を選ぶことが大切です。

水道工事は多額の費用がかかる上に、業者によっては法外な金額を請求する可能性があります。そのため、一括見積もりを活用して適切な水道工事業者を選ぶようにしましょう。

無料見積もり申込・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積もり申込・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

当サイトは主にデザイン会社が加盟しており、上記の内容に適した業者を手配できないため、提携しているリフォーム無料一括見積もりサイトの「リショップナビ」をご紹介いたします。

  • 提携企業4000社、厳選された会社を最安値で!
  • 累計利用者70万人、月間利用者1.2万人を達成!
  • 希望に合ったリフォーム業者を最大5社ご紹介。
  • 紹介した業者に決めても、手数料は不要です。
  • 東京プライム上場企業の株式会社じげんが運営。

店舗内装工事の見積もり比較

デザイン事例・見積もり事例・お客様の声(タップで開閉)

担当者

店舗内装工事見積り比較.comの担当者

最新の見積もり依頼

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年4月23日 大阪府大阪市 リラクゼーションサロン
  • 2024年4月23日 神奈川県横浜市 和食店
  • 2024年4月23日 東京都中央区 レストラン
  • 2024年4月23日 東京都新宿区 韓国料理店
  • 2024年4月22日 東京都中央区 アイラッシュサロン
  • 2024年4月22日 東京都八王子市 フォトスタジオ
  • 2024年4月22日 東京都江戸川区 焼肉屋
  • 2024年4月21日 東京都葛飾区 餃子専門店
  • 2024年4月21日 東京都港区 サロン
  • 2024年4月21日 東京都昭島市 ラーメン屋
  • 2024年4月20日 千葉県千葉市 ネイルサロン
  • 2024年4月19日 東京都新宿区 オフィス
  • 2024年4月19日 東京都立川市 バー
  • 2024年4月19日 大阪府大阪市 サロン
  • 2024年4月19日 東京都渋谷区 アパレル

無料見積もり・資料請求

無料見積もり・資料請求はこちら

このページの先頭へ