飲食店の設備工事費用と注意点

飲食店の設備工事費用と注意点

飲食店を開業する時に気になるのは、「店舗の設備工事にかかる費用は?注意する点はあるか?」ということではないでしょうか?

この記事を最後までお読みいただくことで、飲食店の設備工事にかかる費用と注意点の概要を知ることができます。

当サイトは、2010年から数多くの飲食店を工事しており、類似サイト以上に多くの知識と実績がありますので、ぜひ参考にしてください。

結論から言えば、新装か改装かによって、飲食店の設備工事にかかる費用と注意点は全く変わってきます。

飲食店の「電気工事」

飲食店の「電気工事」は、造作が何もないスケルトンの場合、コンセントと照明器具の配線、エアコン、給排気ファン、大きい冷蔵庫などの動力の配線工事、引き込み工事となります。

電気容量が足りない細い線の場合は、電気容量を増やすための幹線引き換え工事が必要になります。

幹線引き換え工事がなければ、15坪~20坪程度の飲食店の「電気工事」は、照明器具を除いて80万円~100万円くらいです。居抜き物件であれば、照明器具を取り替える程度で済むため20万円くらいです。

飲食店で絶対に外せない要素である電気工事ですが、どうしても工事費用が高くつくため、少しでも安く抑えたいですよね。

電気工事をできるだけ安く済ませたい方のために、飲食店の電気工事費用を安くするポイントをご紹介します。

話を聞いてくれる業者に依頼する

1つ目のポイントから物々しい内容ですが、意外と大切なポイントです。自分のイメージを伝え、それをしっかり聞いてくれる業者を選ぶことが、電気工事を安くすることにつながります。

話半分に業者が独断で工事を行った場合、予想外の費用がかかったり、高額な見積もりになる可能性もあります。また話を聞いてくれない業者の場合、イメージと違うお店ができあがるケースが多いです。

話を聞かない業者を選んでしまった場合は、多少工事期間が長くなったとしても、別の業者を探した方が安く済みます。

電気設備の種類はかなり大切

時代をさかのぼると、昭和の時代には単相2線式配線がよく使われていました。単相2線式配線とは100Vのみ利用可能なタイプで、改装工事や居抜き物件を考えている方は注意が必要です。

単相2線式配線は現在の電気設備と違い、基本料金が高く設定されている場合もあり、電気代が高くなってしまいます。

電気工事のみ依頼する場合は、内装業者より、工務店やリフォーム会社に依頼する方が安くなります。契約電力と電圧のバランスについてのアドバイスも聞けるため、総合的に安く済みます。

安く済ませたいなら居抜き物件

新規の開業を考えている人向けですが、電気工事の費用を安く済ませたいのであれば、やはり居抜き物件を選ぶことです。

スケルトン物件に手を加える場合は、理想的な店舗デザインは可能ですがその分費用がかかります。対して、居抜き物件であり、なおかつ営業したい飲食店と同業種であれば、かなり安く済みます。

ただし古い居抜き物件の場合は、上記のように電気設備に対しては注意が必要です。もし電気設備に問題がないようであれば、電気工事に対する費用はほぼかからないといって良いでしょう。

上記は細かい知識ですが、こうした知識が積み重なって費用が安くなります。開業に向けて動くと何かと忙しくなりますが、少しでも多くの知識を取り入れて、工事費用を安く抑えましょう。

飲食店の「ガス工事」

飲食店の「ガス工事」は、飲食店用としてガスが入っていれば、基本的に配管工事だけのため35万円~40万円くらいです。

給湯器などの機器は、ガスの配管免許を持っている人しか取り付けができないため、ガス屋さんに取り付けてもらうと良いでしょう。排気の出し方などの規制も多いため、ガス屋さんに取り付けてもらうのがベストです。

居抜き物件であれば、器具の付け替えや、位置的に配管を伸ばしたりする程度の工事のため10万円前後です。

飲食店を開業するにはガス工事は欠かせない工事であり、決して軽く考えてはいけません。現在のお店を改装する場合でも、新たに開業する場合でも、ガス工事には十分な注意が必要です。

ガス容量には特に注意が必要

日常生活を送っているとさほど気にならないガス容量ですが、飲食店の経営となれば話は別です。

新たに飲食店を開業する場合、テナントとして入居する場合は特に注意が必要です。入居するビルや建物が、元々飲食店でない場合は、ガス容量が不足している可能性が高いです。

それならガス容量を増やせば良いと思う方も多いでしょうが、簡単にガス容量を増やせない場合も多いのです。

立地によっては地域との兼ね合いで、すんなり工事の許可が下りないこともあり、許可が下りたとしても追加で工事費用がかかってしまいます。

テナントとして入居する場合でも、居抜き物件を利用する場合でも、事前に内装業者とガス容量について相談しておきましょう。

業種によってガスの号数が違う

飲食店のガス工事では、業種によって扱うガスの号数が違うため、ガスの号数に関する知識が必要となってきます。理想のお店を作るために覚えておきましょう。

まず小料理屋や寿司屋、バーやカフェなどはほとんどの場合6号です。これよりガスの使用量が増える居酒屋や洋食店、うどん屋や蕎麦屋などの和食店は10号に上がります。

人気の業種であるイタリアンやフレンチ、ラーメン屋は16号、そして中華料理店は規模に応じて16号以上が必要になる場合もあります。

  • 小料理屋・寿司屋・バー・カフェ:6号
  • 居酒屋・洋食店・うどん屋・蕎麦屋:10号
  • イタリアン・フレンチ・ラーメン屋:16号
  • 中華料理店:16号以上(規模による)

一見すると不要な知識にも思えますが、開業を希望している業種とガス容量が合わない場合、ガス管の引き直しが必要になってしまいます。

ガスは6号が必要なのに3号だった、しかもガス容量の増設工事ができないという事態になれば、せっかく物件を契約して工事などの準備を進めても、その物件で営業できなくなってしまします。

内容を明確に伝えることが大切

内装業者にぼんやりとしたイメージを伝えると、上記のように失敗する可能性があります。物件の設備が自分のやりたいお店に合っているか、物件を契約する前に内装業者に確認しましょう。

途中で物件を探し直すことになれば、二度手間になるだけでなく、最悪の場合、物件の取得費用が無駄になる可能性もあります。ガス容量などの設備面のスペックを確認してから、物件を契約しましょう。

ガス容量やガスの号数は日常的には気にしない部分でも、飲食店を経営するとなれば大きく変わります。こうした新たな知識をどんどん取り入れていきましょう。

ガス容量の不足は、飲食店のガス工事でよくあるトラブルです。営業したい飲食店の業種、取り扱うメニューやコンセプトを内装業者にしっかり伝え、それに合った物件を探しましょう。

プロパンガスについて

プロパンガスは、ガスの利用料金が高いのではないかと心配する人が多いですが、本当に高いのでしょうか?

実はプロパンガスには、都市ガスのように設定された定価がありません。例えば、プロパンガス大手のレモンガスは比較的料金が安く、それ以外のプロパンガス屋さんは、地域によって価格が違いますが料金は高めです。

プロパンガスは業者が価格を決められるので、最初の契約の時に料金を高めに言ってくる業者もいます。プロパンガスの利用料金に相場はなく、ガスの使用量によって料金は変わってきます。

一概に都市ガスとどちらがいいか判断するのは難しいのですが、プロパンガスの利用料金は都市ガスの1.5~2倍くらいかかります。もしプロパンガスを使用するなら、何社か相見積もりを取ってみましょう。

ただし、プロパンガスを選択する理由は2つしかありません。元々都市ガスがないか、都市ガスでは容量が増やせない場合のどちらかです。

プロパンガスのメリットは、最初の工事代金が安いことで、タダで工事をやってくれるところもあります。積極的にプロパンガスを選ぶ理由はありませんが、工事代金がないためにプロパンガスを選ぶ方もいます。

飲食店の「水道工事」

飲食店の「水道工事」は、業種にもよりますが、トイレも厨房も何もないスケルトン状態の物件なら60万円~120万円くらいです。

元の場所からトイレの位置を変更したり、グリストラップを新設したりする場合は、通常よりも費用が多くかかります。

またドライ厨房でなく、水を流せるウェット厨房にする場合も、厨房区画の防水工事を一から行うことになるため工事費用が増える要因となります。

グリストラップについて

飲食店の場合、保健所から付けるように指導される「グリストラップ」という油やゴミを除去する設備があり、グリストラップの大きさが業種によってマチマチなため、水道工事の価格の幅が大きくなります。

厨房工事がそこまで必要ないカフェなど業種であれば、シンク下の床置きタイプのグリストラップもあります。珈琲の粉を流したりするだけなら、水道管を太くするだけでも大丈夫です。

ただし、油だけでなく粉モノも水道管にたまります。油を使わないパン屋なども、ネバネバの小麦粉が水道管にたまってしまうので、予め水道管の太さを太くしておくと良いでしょう。

当然グリストラップも、居抜き物件であれば安くなります。

居抜き物件の場合、グリストラップと元の配管に高圧洗浄をかけるだけなため、厨房機器のメンテナンスと変わらず10万円~15万円くらいで済みます。出店階数によって変わりますが、1階の路面店であれば8万円くらいです。

飲食店の「空調工事(エアコン工事)」

飲食店の「空調工事(エアコン工事)」は、室外機をどこに置くかによって大きく変わります。室外機を普通に床面に置けるなら、普通の居酒屋だと6馬力~8馬力程度なので、1台で80万円~120万円くらいです。

ただし、10階建てのビルで、クレーンで屋上に室外機を持っていかなければならない場合は、設置費用が大幅にアップします。

そのような場合、室外機とエアコン本体の距離が離れるため、エアコンの馬力数を上げなければエアコンがきかなくなります。エアコンの馬力数を上げるため、エアコン本体の価格も高くなり、エアコン自体の価格もアップします。

居抜き物件であれば、本体と室外機をばらしてオーバーホールするだけなので、1台に対して12万円くらいです。

飲食店を新たに開業する場合でも、既存の飲食店を改装する場合でも、飲食店にとって空調工事は非常にデリケートな工事です。

飲食店の空調工事を行う際の流れや相場を知り、工事を行う前に知識を蓄えておきましょう。

空調工事のポイント

家庭とは状況が違うため、飲食店に家庭用のエアコンを何台も導入するのは効率が悪いです。店舗の広さの分だけ家庭用のエアコンを設置すればいいかというと、そんなことはないのです。

そこで登場するのが、業務用のエアコンとなるのですが、特徴的なのは家庭用と違って馬力表示があることです。この馬力は店舗の広さではなく、お店の中でどんな作業を行うかで目安が変わってきます。

特に、飲食店では調理の際に熱が発生するため、想定よりも大きな馬力の物が必要となります。想定ギリギリの馬力の物を選んでしまうと、エアコンが効かない飲食店という悪評が立ってしまいます。

他にもお客様に直接エアコンの風を当てないなど、いろいろな配慮が必要になるので専門業者と相談するようにしましょう。

空調工事の相場

一般家庭におけるエアコンの設置費用は、一般的に1万円から3万円と言われています。立地条件や設置箇所によって差額が生じますが、これは業務用でも同じことが言えるのです。

業務用エアコンの設置費用は、10万円から25万円が相場となり、一般家庭のエアコンと比べるとかなり高額になります。設置する種類によっても異なり、天井カセット形であれば12万円から30万円が相場となります。

他にも、天井吊り形であれば11万円から25万円、天井ビルトイン形であれば15万円から30万円が相場となります。壁掛けや床置きは少し値段が下がって、10万円から20万円が相場となります。

  • 業務用エアコンの設置費用の相場:10~25万円
  • 天井カセット形の設置費用の相場:12~30万円
  • 天井吊り形の設置費用の相場:11~25万円
  • 天井ビルトイン形の設置費用の相場:15~30万円
  • 壁掛けや床置き形の設置費用の相場:10~20万円

とはいえ、これらはあくまでも目安の金額なので、立地や工事状況で変化することを覚えておきましょう。

空調工事の作業過程

飲食店の空調工事はマスキングにはじまり、配管用の穴あけを行って室内機を設置し、室外機を設置して真空引きという流れです。作業過程は家庭用とほぼ同じで、業務用といっても大掛かりな作業はありません。

既存のエアコンを取り替える場合も、家庭用とほぼ同じなので、費用の差は家庭用か業務用かという点だけです。違いがあるとすれば、エアコンのタイプや立地条件で工事金額が変動することです。

一見すると空調工事の流れというのは必要の無い知識に見えますが、いざ業者に依頼する時に武器になる場合もあります。ただ業者に任せれば良いと考えず、知識として覚えておきましょう。

飲食店の「排気工事(ダクト工事)」

飲食店の「排気工事(ダクト工事)」は、物件の条件によってピンキリですが、ビルの上にダクトを持っていく場合は、足場とダクトの費用だけで120万円~150万円くらいかかります。

そのまま壁から排気したとしても、厨房のフード、店内の換気扇2箇所ぐらい、トイレの換気扇、給排気の工事を入れると、通常のダクト工事でも80万円~100万円くらいはかかります。

他の電気・ガス・水道・空調などの設備工事と比べて、排気工事(ダクト工事)はイメージがつきにくいと思いますが、予想外に多くの費用がかかります。

ダクト工事のポイント

排気工事は、給排気という形になるので、店内全部を工事しなければなりません。排気、つまり空気を外に出すには、外の空気を中に吸い込まないといけないため、給排気工事にはお金がかかるのです。

そういう意味では、壁から排気できる物件を探した方がベターですが、都内の繁華街にはほとんどありません。繁華街に出店する場合は、最初からダクトを設置している物件もあるので、そういう物件を探した方がコストが安く済みます。

全く排気する空気の通り道がない物件で、煙が出る業種の飲食店をやると、ダクト工事に多額の費用がかかって大変です。それに、焼肉屋などの煙が出やすい業種以外でも、飲食店では煙や臭いの出ない業種はないと考えた方が良いです。

イタリアンでもにんにくの臭いが出ますし、焼肉屋では消臭装置を付けなければいけないケースも多いです。消臭装置を付ける場所も確保しなければなりませんし、金額も200万円くらいかかってしまいます。

同業種の居抜き物件であれば、ダクトなどを少し清掃するくらいで良いため、ダクト工事をしなくても済みます。ですから同業種の居抜き物件であれば、ダクト工事にかかる費用は0円です。

ただし居抜き物件でも、業種が変わると店内の熱量が変わる場合があり、その場合は新たに給排気工事を行わなければなりません。

例えば、元々はガスレンジしかなかった店に、フライヤーとパスタボイラーを入れると、フードもファンも大きくしなければなりません。そうなると吸気も大きくしなければならなくなり、当然追加の工事費用が発生します。

いずれにしても、飲食店の空調・給排気の工事には、電気・ガス・水道工事よりもお金がかかることを覚えておきましょう。

新装にするか?居抜きにするか?

いかに設備工事に費用をかけずにオープンするかを考えれば、居抜き物件は確実に安くなります。しかし厨房やトイレの位置、設備の位置を変更すると、新たに設備工事が必要になり、かえって工事費用が高くなる場合もあります。

スケルトンから設備工事を一式行う場合は、最低でも300万円くらいはかかります。これが居抜き物件で業種が変わらなければ100万円もかかりません。

ただ、最後に改めて強調しておきたいことは、新装にするか居抜きにするかは、コンセプト次第ということです。コンセプトにマッチするのであれば居抜き物件でも構いませんし、マッチしなければ新装にするしかないでしょう。

内装デザイン事例・見積もり提案事例

当サイトの加盟業者様が施工した内装デザイン事例です。以下のリンクから、飲食店の業種別の内装デザイン事例をご覧いただけます。

飲食店以外の設備工事費用

飲食店以外の設備工事費用については、以下のページをご覧ください。

まとめ

ここまで、飲食店を開業する際の設備工事費用の目安、注意したいポイントについて解説してきました。

こちらの記事で、設備工事費用の目安を知り、注意すべきポイントも知ることができたと思います。こちらの情報を参考にして、理想のお店が完成することを願っています。

無料見積もり申込・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積もり申込・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック・オフィスの実績多数
  • 見積もりからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積もり・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積もり(現地調査も無料)
  • 紹介した業者に決めても、手数料は不要です。

店舗内装工事の見積もり比較

最新の見積もり依頼

初めてのお客様もご安心いただけますように、当サイトの「無料見積もり申込」の状況をご覧いただけます。(更新日時:2024年5月17日 19時56分)

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年5月17日 京都府京都市 カフェ
  • 2024年5月17日 愛知県名古屋市 エステサロン
  • 2024年5月17日 愛知県名古屋市 パーソナルジム
  • 2024年5月17日 大阪府大阪市 ドラッグストア
  • 2024年5月17日 大阪府箕面市 食品販売
  • 2024年5月17日 埼玉県川口市 居酒屋
  • 2024年5月17日 東京都新宿区 小児科クリニック
  • 2024年5月17日 東京都杉並区 居酒屋
  • 2024年5月16日 東京都大田区 買取専門店
  • 2024年5月16日 東京都墨田区 パーソナルジム
  • 2024年5月16日 千葉県柏市 パーソナルジム
  • 2024年5月16日 東京都新宿区 ヘアメイク
デザイン事例・見積もり事例・お客様の声(タップで開閉)

担当者

店舗内装工事見積り比較.comの担当者

最新の見積もり依頼

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年5月17日 京都府京都市 カフェ
  • 2024年5月17日 愛知県名古屋市 エステサロン
  • 2024年5月17日 愛知県名古屋市 パーソナルジム
  • 2024年5月17日 大阪府大阪市 ドラッグストア
  • 2024年5月17日 大阪府箕面市 食品販売
  • 2024年5月17日 埼玉県川口市 居酒屋
  • 2024年5月17日 東京都新宿区 小児科クリニック
  • 2024年5月17日 東京都杉並区 居酒屋
  • 2024年5月16日 東京都大田区 買取専門店
  • 2024年5月16日 東京都墨田区 パーソナルジム
  • 2024年5月16日 千葉県柏市 パーソナルジム
  • 2024年5月16日 東京都新宿区 ヘアメイク
  • 2024年5月15日 神奈川県川崎市 ダイニングバー
  • 2024年5月15日 東京都新宿区 バー
  • 2024年5月15日 東京都新宿区 撮影スタジオ
  • 2024年5月14日 北海道札幌市 蕎麦屋

無料見積もり・資料請求

無料見積もり・資料請求はこちら

このページの先頭へ