店舗の内装工事もリースにできる?リースを活用するコツも解説!

店舗の内装工事もリースにできる?リースを活用するコツも解説!

※本ページはプロモーションが含まれています。

店舗を開業する時に気になるのは、「初期費用が多いけど、どうにかならないか?融資以外で、何か良い方法はないか?」ということではないでしょうか?

この記事を最後までお読みいただくことで、店舗の開業にリースを活用するコツや、店舗の内装工事をリースにする方法を知ることができます。

当サイトは、2010年から数多くの店舗を工事しており、類似サイト以上に多くの知識と実績がありますので、ぜひ参考にしてください。

結論から言えば、リースを利用することで初期費用を抑えて、毎月の支払いのみにすることも可能です。店舗の内装工事もリースにできますので、順番に見ていきましょう。

リースを利用するメリット・デメリット

飲食店や美容室、クリニックなどの開業を考える際は、機器の購入や内装工事など様々なことに費用がかかるため、自己資金や融資だけで資金を集めるのは大変です。

自己資金と借入資金の割合をどうするか悩む方も多いですが、その他にもリースという選択肢があることを覚えておきましょう。

リース契約であれば毎月の分割払いのため、初期費用を抑えることができます。自己資金や融資以外にも、リースという選択肢も検討してみましょう。

店舗に必要な設備をリースで揃えることにより、開業時の初期費用を節約し、様々な負担を軽減することも可能です。

リースとレンタルの違いは?

レンタルとは1日や1週間といった短期間での貸し借りのことであり、ビデオや車などが該当します。これに対して、リースは長期間の貸し出しを目的としており、レンタルと比べて格段に支払いが安くなります。

さらに他の違いとしては、レンタルは中古品の貸し出しが主ですが、リースは新品を用意してくれるのです。

リースは本体価格を契約した期間で分割払いするため、1日あたりの金額が定められているレンタルより、支払い金額が安くなります。

リースを利用するメリットは?

開業資金に厨房機器やシャンプー台、医療機器などの設備の購入費用まで含めると、融資を受ける前提としても、かなりの開業資金が必要になってきます。

しかし、リースであれば長期間かけて分割で支払っていくため、経営が起動に乗るまでの費用負担が少なくなります。そして、浮いたお金を効率よく運転資金に回せば、経営を軌道に乗せやすくなります。

さらに税務の視点から見ても、リース期間中のリース料金の支払いは経費として計上できるため、節税にもつながります。

またリース料金は一定額の支払いとなっているため、購入等の一括で支払う場合より、将来的な計画を立てやすくなります。

それ以外にも、設備の調達や導入、処分といったことをリース元がやってくれます。自分でそれらを行う手間や時間が省ける点も、リースならではのメリットでしょう。

  • 長期の分割払いで初期費用が少ない
  • リース料の支払いは経費計上できる
  • 設備の導入・処分はリース元が行う

リースにデメリットはあるか?

大きなメリットがあるリースですが、いくつかデメリットもあります。

まず、リースは中途解約ができない点が、デメリットとしてあげられます。税法上リース期間中の中途解約が禁じられているため、設備が不要になったとしてもリース料金の支払いを続けなければなりません。

初期費用を抑えた分、月々に費用がかかってしまいますし、契約期間を終了するまで基本的に解約できず、途中解約となると違約金が発生してしまいます。

リースの契約期間を過ぎる前にお店の営業が難しくなってしまった場合、月々の費用や違約金が大きな負担となりかねません。

他にも、リース期間の終了後に、所有権が自分に移らない点もデメリットといえます。リース料金の支払いが終わっても、ローンと違って自分の物にはならないのです。

またリース期間の終了後は再リースとなるため、あと少しの期間だけ使いたいという場合でも、再契約を行わなければなりません。

とはいえ、開業したてであれば設備は長期間使うことになるため、どちらもデメリットらしいデメリットとはいえないかもしれません。

リースには少なからずデメリットはありますが、基本的には開業の大きな助けとなります。特に飲食店や美容室、クリニックの開業には多くの資金が必要なため、少しでも負担を軽くするためにも、リースの活用を検討してみましょう。

  • リースは中途解約ができない
  • 途中解約すると違約金が発生する
  • 支払い後も自分の物にならない

店舗開業にリースを活用するポイント

店舗の設備を用意する際に、一般的には融資を受けて購入することを考えるものですが、それ以外の選択肢としてリースを利用する方法もあります。

リースで設備を用意した場合は、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?店舗開業にリースを活用するポイントを見ていきましょう。

リースで初期費用を抑える

店舗設備の種類にもよりますが、購入する場合は多くの費用が必要になるので、初期投資として多額の資金を確保しなければなりません。

飲食店や美容室、クリニックを開業するにあたって、1店舗目の経営である場合はなかなか資金調達も難しく、融資も思うように受けられません。経営者としての実績が無いため、銀行融資はなおさら難しくなります。

自己資金をかなり多く用意し、資金調達が上手くいったとしても、経営をスタートしてから手持ち資金がゼロでは営業していけませんし、お店を継続していくことも難しくなってしまいます。

そんな時でも、リースを利用して必要な設備を揃えれば、調達した資金の何割かを営業経費に充てることもできます。リースを利用して初期費用を下げて、なおかつ新品の設備を使うことができるのです。

リース契約に際して初期費用はかからず、月々一定の費用を支払うだけなので、最初にかかる費用を抑えられる上に、そこで浮いた資金を他の部分に回すことも可能になります。

リースには金利の変動が無い

一般的に店舗設備を用意する際は、金融機関から借り入れをして費用を賄うことが多いですが、金融機関ではその時々の情勢により金利が変動します。

金利の変動は誰もコントロールできず、予測することも難しいため、出費が少なからず増えるリスクもあるのです。その一方で、リースを利用する場合は、金利が変動しても毎月の支払い額は変わりません。

あくまで、契約時に確定した固定金額のみを毎月支払うことになりますので、毎月の支払い額が平準化できて、金利の変動リスクを回避することができるのです。

また金融機関から借り入れをしませんので、先々の大きな投資のことを考えて、金融機関の借入枠を温存できるという点にもメリットがあります。

設備が故障した時にも安心

さらに、購入ではなくリースを利用する方がお得な理由として挙げられるのは、設備の破損や故障があっても安心な点です。

というのも、こうしたリースの設備はいずれも保険に加入していますので、万が一設備の破損や故障があっても保険でカバーされ、利用者側に修理や買い替えなどの負担が生じることがありません。

ただし、こうした保険には1つ注意すべき点があり、利用者の責任が伴う破損や故障などは保険の補償対象外になるので、ご自身で故意に壊すことがないように、取り扱いには十分に気をつけましょう。

一気に揃えられない物はリース

飲食店や美容室、クリニックを開業する場合、やはり多くの専門機器が必要となってきます。

厨房機器やシャンプー台などの設備は、一気に買い揃えると、どうしても費用がたくさんかかります。想定するお客様の数より、ある程度余裕を持たせて揃える必要があるため、一度で購入するのは厳しい場合もあります。

そんな時は、やはりリース契約を検討するのが良いでしょう。リースを利用すれば、毎月一定の金額を支払うだけで、一度に多額の費用を支払わずに必要な機器を導入できます。

自己資金や融資の借入金が足りない場合や、手元資金を多く残したい場合などはリースを検討してみましょう。

リースで用意すべき設備は?

リースで用意すべき設備は、購入すると多額の初期費用がかかる大きな厨房機器が代表です。厨房機器がリースであれば、使用中にトラブルが発生しても、万全のアフターサービスを受けられるのも理由です。

逆に、リース以外を検討したい設備もあります。たとえば机や椅子、インテリアや細かい備品などは工夫次第で安く購入できますし、無料で用意できることもあるでしょう。

所有権が自分にはないリースとは違い、購入した物であれば自由に扱うことができ、必要に応じてリフォームしたり売却したりもできます。リース後に不自由を感じるかどうかも、考えておかなければいけません。

初期投資を抑えられるリースは大変便利ですが、何を用意するかは計画的に考える必要があります。安く開業することだけを考えず、後のこともしっかりと考えて、リースで用意するか他の方法で用意するかを決めましょう。

リース以外で用意することも重要

店舗を開業する際の設備を用意する際に、どこまでリースに頼るかは自己判断です。失敗のない判断をするには、リースのメリットとデメリットを十分に把握しておくことが大切です。

リースのメリットは初期費用をかけずに設備を用意できることで、デメリットは途中解約ができずに違約金が発生しかねないことです。

・主なメリットは、初期費用をかけずに内装や設備を用意できること。
・主なデメリットは、途中解約すると違約金が発生する場合があること。

当然リースが多ければ多いほど、デメリットのリスクが高まります。万が一のことを考えることも重要です。どれだけリースで初期費用を抑えて、どれだけ現金を運転資金に回すかをよく考えましょう。

リース契約で注意する点は?

リース契約はとても便利で、駆け出しの経営者にとっては非常にうれしいシステムです。

しかし、何から何までリースにしてしまうと、結果として自分を苦しめることになります。複数の機材をリース契約すると、当然毎月の支払いが増えるため、利益を圧迫する可能性があります。

リース契約は便利ですが、節度を持って利用することが大切です。どうしても必要だけど高額で揃えられない部分だけ、リースで揃えるというように活用するのが良いでしょう。

便利だからとリースに頼りすぎず、部分的にリースを利用しましょう。適度に初期費用の負担を減らしながら、無理のないリース契約を行い、理想的な店舗を開業しましょう。

店舗の内装工事もリースにできる?

リースは以前から開業者の強い味方です。リース契約をすることで、高額な費用がかる機材や施設等を、月々一定額の支払いで利用できます。

しかし、内装工事からすべてをリースできて、なおかつ初期費用を0円にすることもできることは知らなかった・・・という方も多いのではないでしょうか?

近年では、機材や施設以外に総合内装リースという新たな試みが注目されており、店舗を開業する方の手助けとなっています。

店舗の内装工事には大きな費用がかかるため、一昔前は費用の面からあきらめる方も多かったと思いますが、そんな悩みも、リースを利用して内装工事を契約すれば解決できるでしょう。

店舗の総合内装リースとは?

店舗の開業には物件契約や内装工事、機器や備品の購入など、数百万円単位の資金が必要です。目標額を設定してもなかなか貯まらず、貯金の途中で必要な機材が増え、計算に狂いが生じることも少なくありません。

こういう場合に思い浮かぶ資金調達として、公庫や銀行の融資という選択肢が出てきますが、総合内装リースという方法はご存知でしょうか?

スケルトン物件や居抜き物件といった単語は知っている方もたくさんいますが、内装を丸ごとリースする総合内装リースという方法は、聞いたことがない方も多いと思います。

これまでのリースは必要な機材等をリース契約するだけで、内装工事にかかる費用についてはリース契約できませんでした。

しかし現在は、内装リースを請け負うサポート会社に依頼すると、内装工事についてもリースで契約できます。内装すべてをリースすることで、内装工事や設備など、すべての費用を月々の支払いすることも可能です。

工事費用だけでなく、厨房機器やシャンプー台、クリニックの医療機器、家具やOA機器といった物にもリースを利用できるため、これらも月々の支払いだけで利用できます。

今までは、機器や工事の手配をすべて自分で行わなければなりませんでしたが、リースサポート会社に代行してもらえる点もメリットですね。

  • 内装工事費用もリース可能
  • 厨房やシャンプー台もリース可能
  • 家具やOA機器もリース可能
  • その他の専門機器もリース可能

総合内装リースのデメリット

必要としている機材を一括購入したり、内装工事費用を一括で支払ったりする場合と比べると、リースには手数料が発生するため、支払い総額が若干高くなります。

しかし、一度に多額の費用を支払うことと、利益の中から費用を支払いながら機材を利用することを比べた場合、どちらが有利でしょうか?

リースの返済金額の合計は、金融機関から融資を受けた際の返済金額の合計と、そこまで大きくは変わりません。リースも融資も、返済金額の合計には大差がないということです。

利益を上げる努力を怠らなければ、リース料の支払いは途中からは気にならなくなる金額でしょう。リースを利用することで、最初の手持ち資金が少ない場合のリスクを取り除くことができるのです。

総合内装リースは、開業の選択肢を広げてくれる非常に便利なシステムです。店舗の開業だけでなく、現在使用している店舗やオフィスの内装リフォームにも対応しています。

  • リースには手数料が発生する
  • 一般的な融資より若干金利が高い
  • 支払い総額が若干高くなる

初期費用0円でも開業できる

リースならではの最大の特徴は、内装工事をはじめとした店舗の開業準備をスムーズに進めることができ、自己資金をかけずに、初期費用0円でも開業できることです。

初期費用を抑えることができるので、自己資金は開業後に有効に活用することができます。

リースで内装工事をすれば、店舗の内装工事にかかる初期費用を抑えることができるので、費用を気にせずに満足のいく内装を作ることができます。

開店や改装を行いたいものの、現時点では費用をすべて用意することが難しいという方はもちろん、リース会社に一括して内装工事を依頼して、手間を減らしたいという方にもおすすめです。

リースにしたい内装工事の範囲を任意で選択することもできるので、部分的にリースにするという使い方もできます。

開店準備を1か所に任せられる

内装工事からすべてを一括してリースで依頼すれば、店舗の開店準備をすべて1か所にお任せすることができます。

お店を開店するために複数の業者に依頼するとなると、スケジュールや費用の管理が大変になりかねません。しかし、リースで一括して依頼すれば、ご自身のプランに合わせた最適なお店作りができます。

リースのサービスプランによっては、テナント探しからお願いすることもできます。

経理管理やアフターサービス

リースの仕組みは、設備のリースと同様に月々の支払いとなり、経費として落としていくことができるため、経理管理もしやすくなります。

総額は購入金額より上回ってしまいますが、初期費用を抑えられるため運転資金に余裕ができます。運転資金に余裕ができるということは、開業後の営業も軌道に乗せやすいということです。

またリースで店舗の内装工事をした場合、万が一のトラブルに対する補償が充実しているのも魅力です。

契約内容にもよりますが、不慮のトラブルや火災等でお店に被害が生じてしまったとしても、リース契約に含まれている保険によって、損害分を保証してもらうこともできます。

リースを有効に活用する

リースで使用する設備には契約期間があり、期間を過ぎると返却する義務がありますが、再度リース契約を結べば、引き続き使用することができます。

定期的にリース契約を結び直すことで、常に店舗の内装や設備を最新の状態に整えて、老朽化を防げるという魅力もあります。

自費で内装工事を行うと、一度に大きな費用がかかって難しいこともありますが、リースであれば月々の支払いなので、無理なく定期的に内装や備品をリフレッシュしていくことも可能です。

リースが利用できる店舗の種類については、基本的には特に限定されていません。飲食店や美容室、オフィスやクリニック、店舗の規模も大小様々に対応しています。

内装工事のすべてをリースにする場合だけでなく、一部分のみをリースにしたり、工事業者がすでに決まっている場合でも対応が可能です。

リースでは設備を用意してもらうだけでなく、店舗の内装からすべてを一括してお任せすることもでき、初期費用を本当に0円に抑えるということも可能になります。

開業する自信はあるけど自己資金が足りないという方は、初期費用の問題だけでなく、今後の長い営業期間のことも考えて、リースでの内装工事も検討してみてはいかがでしょうか。まとめると・・・

  • どのような種類の店舗でも利用できる
  • すべてリースにして、初期費用0円も可能
  • 内装だけでも、設備だけでも利用できる
  • 工事業者が決まっていても利用できる

内装工事リースについては、以下のページで詳しく解説していますので参考にしてください。

まとめ

ここまで、店舗の開業にリースを活用するコツ、店舗の内装工事をリースにする方法について解説してきました。

こちらの記事で、リースを活用するコツを知り、内装工事をリースにするポイントも知ることができたと思います。こちらの情報を参考にして、理想のお店が完成することを願っています。

無料相談の申込・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積もり申込・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

一般的には、内装工事に対してリースやローンは組めませんが、当サイトが提携しているため、特別に内装工事に対してもリースを組むことが可能です。

  • 店舗の内装工事だけでも、リースを利用可能!
  • もちろん、設備の購入にもリースを利用可能!
  • 初期費用「0円」で、出店することも可能です。
  • 個人事業主、法人1期目でも、利用できます。
  • 上限1億円、最長7年、年率3.9%〜4.9%です。

内装工事リースの無料相談

デザイン事例・見積もり事例・お客様の声(タップで開閉)

担当者

店舗内装工事見積り比較.comの担当者

最新の見積もり依頼

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年6月17日 東京都世田谷区 アパレル
  • 2024年6月17日 東京都千代田区 ラーメン屋
  • 2024年6月16日 神奈川県横浜市 美容室
  • 2024年6月16日 大阪市東大阪市 整骨院
  • 2024年6月16日 埼玉県さいたま市 ガールズバー
  • 2024年6月16日 東京都台東区 バー
  • 2024年6月15日 東京都渋谷区 バー
  • 2024年6月15日 神奈川県横浜市 ヘッドスパ
  • 2024年6月15日 兵庫県芦屋市 カフェ
  • 2024年6月14日 大阪府高槻市 弁当屋
  • 2024年6月14日 東京都世田谷区 雑貨屋
  • 2024年6月14日 埼玉県春日部市 サロン
  • 2024年6月13日 東京都中野区 バー
  • 2024年6月13日 東京都世田谷区 テイクアウト
  • 2024年6月13日 福岡県北九州市 和食店
  • 2024年6月13日 大阪府大阪市 飲食店

無料見積もり・資料請求

無料見積もり・資料請求はこちら

このページの先頭へ