店舗リフォームにかかる費用や注意点を徹底解説

店舗リフォームにかかる費用や注意点を徹底解説

※本ページはプロモーションが含まれています。

店舗をリフォームすることで、顧客が入りたくなるお店作りや働きやすいお店作りにつながります。しかし、店舗リフォームにあたっては一定の費用が必要です。

この記事では店舗リフォームにどれくらいの費用が必要なのかや注意点などを解説します。

店舗リフォームにかかる費用の目安

店舗リフォームにかかる費用の目安

店舗リフォームにかかる費用の目安は、外装工事や内装工事にかかる費用を合わせて450万円から1,250万円ほどです。なお、店舗リフォームにかかる費用の内訳は次のとおりです。

  • 外装工事:150万円から250万円
  • 内装工事:15万円から50万円(1坪)

外装工事と内装工事それぞれの内容について見ていきましょう。

外装工事で実施される工事一覧

店舗リフォームの外装工事では、次のような工事が行われます。

  • 塗装工事
  • 照明設置
  • 看板設置
  • フェンスの設置

工事の内容によって外装工事にかかる費用は異なります。特に上記のような工事を全て行った場合は工事費用がかさんでしまうでしょう。

内装工事で実施される工事一覧

店舗リフォームの内装工事では、次のような工事が行われます。

  • 壁紙や床材の張り替え
  • 水回り設備の入れ替え
  • 厨房設備の入れ替え(飲食店の場合)

内装の工事方法や工事に用いる素材などは施工業者によって異なります。そのため、同じ内容の工事であっても、依頼する施工業者によって必要な料金は異なるでしょう。

また、内装費用は1坪あたりの費用で想定でき、たとえば1坪15万円の施工費用の場合、20坪であれば300万円の施工費用が発生する可能性があります。

要注意!店舗リフォームの前に考えておくべきこと

店舗リフォームを実施するにあたっては、事前に次のような点を考慮しておきましょう。

  • 適切な予算を導き出しておく
  • 消防検査が必要か確認しておく
  • 店舗改装の実施を顧客や近隣に伝えておく
  • 休業中のスタッフへの補償
  • 利用可能な補助金を確認しておく

適切な予算を導き出しておく

店舗リフォームの実施にあたっては、適切な予算を導き出しておきましょう。店舗リフォームにはさまざまな素材を用います。素材は、種類によって質感や見た目が異なります。

店舗の見栄えを良くしようと素材にこだわりすぎてしまうと、費用がかさみがちです。費用が想定していた予算をオーバーしてしまうと、店舗の運営に影響を及ぼす可能性があります。

そのため、店舗リフォームを実施する際は予算を明確にして、施工会社に希望を伝えることが大切です。

消防検査が必要か確認しておく

店舗リフォームは、内容によって消防検査が必要になる可能性があります。店舗リフォームで消防検査で必要になるのは、業種や店舗物件が防火対象物件にあたるケースです。

消防検査では、店舗が火災のような災害に対しての設備を整えているかを確認します。消防検査で不備が発生すると追加工事が必要です。そのため、店舗が消防検査対象であるかをあらかじめ確認しておきましょう。

店舗改装の実施を顧客やスタッフ・近隣に伝えておく

店舗改装を実施するには、顧客やスタッフ、近隣住民に伝えておくことが大切です。具体的には、店舗改装によって店舗が一時利用できないことを顧客へ、改装によって一時休業が発生すること、手伝いが必要になる可能性をスタッフへ伝えましょう。

また、店舗改装には大きな騒音や振動などが発生する可能性があります。改装工事によってトラブルが起きないようにするためにも、改装による騒音や振動などについての了承を住民から得ておきましょう。

休業中のスタッフへの補償

店舗を改装している期間は、当然ながらお店を開けられません。お店を開けられないとスタッフは勤務できません。そのため、改装による休業中はスタッフへの補償を検討しましょう。

休業中にスタッフに支払う給与は平均賃金の60%以上が求められます。スタッフへは平均賃金の60%以上を補償として、休業期間に応じて支払いましょう。

利用可能な補助金を確認しておく

店舗リフォームには一定の費用が必要です。そのため、自店舗での負担を軽減するために、補助金を活用してみましょう。店舗リフォームで利用できる補助金の例として、以下が挙げられます。

  • 小規模事業者持続化補助金
  • 事業再構築補助金
  • 業務改善助成金

補助金の実施は年度によって異なります。そのため、補助金を利用するのであれば、常に新しい補助金情報を確認しましょう。

一般的に補助金が交付されるのは先着順です。補助金の募集期間であっても先着順に間に合わなければ、交付されません。

なお、補助金の多くは対象の事業が終了した後に交付されます。そのため一時的ではありますが、補助金交付までは全額を負担する必要があります。

さらに、補助金交付にあたっては、事業終了後に報告書などを提出するのが一般的です。報告書などの提出を怠ってしまうと補助金の返還を要求されかねません。

店舗リフォームを依頼する業者の選び方

店舗リフォームを依頼する業者は、次のようなポイントで選びましょう。

  • 希望に沿った提案をしてくれる
  • 質問に対して的確に返答してくれる
  • 過去の実績が掲載されているか
  • 保証・アフターサービスが整っているか

それぞれの選び方について解説します。

希望に沿った提案をしてくれる

店舗リフォームを依頼する業者は、希望に沿った提案をしてくれるかどうかを確認しましょう。たとえば利益ばかりを追及して高いプランばかり提案してくるといった場合、予算に見合わない可能性があります。

そのため、高いプランばかりではなく、予算を考慮して安価なプランも提案してくれるといった業者を選びましょう。

質問に対して的確に返答してくれる

店舗リフォーム業者に質問した際、納得できる的確な返答を得られることも大切です。たとえば見積もりの詳細について質問したとしても、専門的な言葉ばかり並べられてしまっては回答に納得できないでしょう。

納得や状況を把握できないままリフォームを依頼してしまっては後々トラブルになりかねません。そのため、質問に対して的確かつ丁寧に返答してくれるリフォーム業者を選びましょう。

過去の実績が掲載されているか

店舗リフォームをする際は、依頼予定の業者の実績を確認しましょう。過去の実績はリフォーム業者のホームページに掲載されています。

過去の実績を確認すれば、どのようなリフォームを得意としているか、どのような業種の店舗のリフォームを得意としているかを判断可能です。

保証・アフターサービスが整っているか

保証・アフターサービスは、リフォーム業者によって異なります。中には、保証やアフターサービスが整っていないリフォーム業者もあります。保証やアフターサービスが整っていないリフォーム業者の場合、何かトラブルがあっても対応をしてくれません。

施工後のトラブルを避けるためにはリフォーム業者の保証やアフターサービス内容を確認しましょう。

なお、施工後のトラブルを避けるには、リフォーム瑕疵(かし)保険に加入しているリフォーム業者を選ぶのがおすすめです。リフォーム瑕疵保険に加入している業者であれば、施工中、施工後に第三者の検査が発生します。検査によって問題が発覚した場合は、無償で修理してもらえます。

先述のように、店舗リフォームには450万円から1,250万円ほどの費用が必要なため、内訳と依頼時の注意点を把握しておきましょう。

無料見積もり申込・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積もり申込・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

当サイトは主にデザイン会社が加盟しており、適切な業者を手配できないため、提携している「リフォーム工事の無料一括見積もりサイト」をご紹介いたします。

全国どのエリアでも、業者の紹介が可能です。

  • 利用者数No.1のリフォーム会社紹介サイト
  • 利用者数は約100万人(2023年10月時点)
  • 無料・匿名で近くのリフォーム会社を複数紹介
  • 加盟業者は厳しい審査をクリアした約1,200社
  • リフォーム後も安心の工事完成保証あり

リフォーム工事の見積もり比較

デザイン事例・見積もり事例・お客様の声(タップで開閉)

担当者

店舗内装工事見積り比較.comの担当者

最新の見積もり依頼

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年7月12日 東京都新宿区 居酒屋
  • 2024年7月12日 兵庫県神戸市 マッサージ
  • 2024年7月12日 神奈川県横浜市 オフィス
  • 2024年7月12日 東京都新宿区 ジム
  • 2024年7月11日 兵庫県神戸市 接骨院
  • 2024年7月10日 宮城県仙台市 美容室
  • 2024年7月10日 東京都大田区 惣菜店
  • 2024年7月10日 東京都新宿区 ダーツバー
  • 2024年7月10日 東京都 焼肉屋
  • 2024年7月10日 大阪府藤井寺市 デイサービス
  • 2024年7月9日 東京都新宿区 シーシャバー
  • 2024年7月9日 大阪府大阪市 フォトスタジオ
  • 2024年7月9日 東京都府中市 オフィス
  • 2024年7月9日 北海道札幌市 カフェ
  • 2024年7月9日 神奈川県川崎市 宅配弁当
  • 2024年7月9日 東京都 バーベキューレストラン

    無料見積もり・資料請求

    無料見積もり・資料請求はこちら

    このページの先頭へ