各業界の店舗デザインで、押さえるべきポイントは?

店舗デザインで押さえるべきポイント

皆さんは、自分で店舗を構える際に、店舗デザインをどのように決定しているでしょうか?

お店のデザインというのは、そのお店の印象を決めていくものでもあるので、しっかりデザインやレイアウトを決めていくことが大切です。ここでは、各業界の店舗デザインについて、押さえておきたいポイントをお伝えします。

飲食店の店舗デザインとレイアウト

飲食店のデザインが重要な理由

image

例えば、同じ味・同じ価格の料理を提供している飲食店が2つあった場合、皆さんはどこを基準にして、2つの内どちらのお店に通うでしょうか?

それを決める判断基準には、食事中にリラックスして過ごすことができたり、お店の内装を楽しみながら食事できたり、そのような空間で食事をできる方がお店に対して魅力的に感じませんか?

また、人によっては多少お店が提供している料理の値段が高くても、その時間にこの空間で素敵な一時を過ごすことができるのであれば、お店の内装デザインが充実していて素敵な方を選ぶこともありますよね。

このように、飲食店のデザインというのは、ただお店のランクを上げるというだけでなく、お店に来店するお客様の集客率や売り上げなど、そこに直結するものでもあり、ビジネスを行う上でもとても大切なポイントになります。

飲食店が多くのお客様を呼び込むためには、お店の宣伝は必要不可欠な要素です。ですが、それに伴ってお店の内装デザインというのは、お店の宣伝効果の役割を大きく果たすものといえます。

また、素敵な内装デザインのお店は雰囲気も良く、店内スタッフのモチベーションにも繫がります。スタッフも充実して働くことができるということは、さらにお店の雰囲気も良くなり、お客様も心地良くサービスを受けることができますよね。

店舗デザインの基本を押さえる

image

店舗デザインをするにあたって、基本的なポイントがあります。

まず、インテリアに関していうと、自分のお店のコンセプトに合った配置がポイントです。例えば、アットホームでフレンドリーなお店のがコンセプトの場合、キッチンはクローズドキッチンよりもオープンキッチンがお勧めです。

また、店内照明も重要ですが、照明というのは秘密があり、明るい方がお客様の回転率がアップするといわれています。多くのお客様をお店に呼び込みたい場合、回転率を上げるために照明は明るくし、逆に、一人あたりの単価を重視するのであれば、照明を暗めに設定してみてください。

内装のレイアウトでは、店内に必ずないと困る物から先に決定していきましょう。飲食店の場合であれば、まずレジのレイアウトを決めてしまうと、店内の全体デザインのレイアウトを決めていきやすくなります。

店舗デザインで動線も考慮する

デザインというのは、何も視覚的なものだけではありません。店舗デザインでは、利便性を考えることもデザインの役割のひとつです。

視覚的内装にこだわり過ぎてしまうと、大切な動線について計画が不十分になってしまいます。すると、その計画性の不足から、窮屈で不便な店内になってしまいます。

店内の動線というのは、お客様の動線とスタッフサービスの動線の2つを考慮することが大切で、ストレスが無いように導線を確保することが、飲食店の経営を行っていく上で大事なポイントです。

スタッフサービスや作業の動線に関しては、初めから入念に設計や確認をしておく必要があります。

お客様目線でデザインする

image

自分で内装デザインを考える際に、「なかなか良いアイデアが浮かばない」「どうして良いか分からない」という場合もありますよね。

そんな時は、自分がお客様の立場に立ってイメージしてみましょう。「お客様が入りたくなるお店か?」「お客様が料理を楽しめるか?」など、お客様目線に立って考えると、内装デザインのアイデアを出す糸口になります。

飲食店をデザインする際には、想像力を働かせることが大切になることも覚えておきましょう。

美容室の店舗デザイン

美容室の内装デザインのポイント

他と違う要素を作る

image

シンプルというのは、何もしない事ではありません。

現代では映える場所がトレンドなので、無計画に何もないシンプルな空間をデザインしても、なかなか多くの人には迎合されません。シンプルな内装にも作り方があって、物のラインを簡素化、色使いを減らす、使用素材を減らすなどの方法があります。

そして、シンプルなデザインを際立たせるためには、「シンプルなラインでも形は個性的」「使用素材に特徴がある」など、デザインのポイントに非日常的な要素を加えると格好良くなります。

また、力を入れる・入れない部分にメリハリ持たせることもポイントです。

デザインに統一感を持たせる

シンプルなデザインな割に、色々な要素を詰め込み過ぎている例もあります。

例えば、ナチュラル系の要素がある壁に対して、家具はインダストリアル系やアンティーク系を取り入れ、物や色は少なくするなど、何となくの雰囲気は演出することができても、パッと見て感動するオシャレさは無いですよね。

このように、内装デザインでは統一感を持たせることはとても大事で、シンプルな内装というのはよりそれが強調されます。

全体の色相バランス・マテリアルバランス・素材バランスなど、色々と考慮しながら敢えて外したり、共通項を持たせたり、デザインの工夫を行いましょう。

デザインを欲張り過ぎない

お店を作る際に、自分がやりたいと思うイメージが色々とある場合、具体的にその中からイメージを厳選していく作業は意外と大変です。

しかし、シンプルな内装に関しては、空間の「間」を意識した方が目を引くデザインになります。また、ちぐはぐな空間にならないよう削ぎ落とし作業を行うと、シンプルなデザインというのは活きてきます。

これをやる!というメインを決定し、周りにその補佐をしてもらう感覚でデザインをすると、上手くデザインがまとまってきます。

ターゲットを想定し、空間カラーや雰囲気を考えましょう。そして、必ずやりたい事を要素に取り入れた上で、不要なデザインを削ぎ落とすのがポイントです。

エステの店舗デザイン

エステの内装デザインのポイント

清潔感を演出する

image

流行しているエステサロンのポイントとしては、一番に清潔感が挙げられます。

肌に直接触れるエステサロンでは、清潔感は最低限クリアしておくポイントであり、なおかつ、最も重要なポイントでもあります。清潔感のある内装デザインにするには、まずは本当に店内が清潔な空間であることが前提です。

エステサロンでも人気繁盛店になれば、1日何名ものお客様を施術することになります。その都度、丁寧な掃除を行うことが可能かといえば、決してそうではありません。忙しい時間帯や閉店前などは、スタッフも少し気が抜けることもあります。

お店側にとっては複数のお客様のうちの1人であっても、お客様にとっては、自分の大切なお金を払ってサービスを受ける貴重な時間ですよね。

エステサロンは、このような人的問題もサロンの内装デザインによってカバーしている部分でもあります。

例えば、白と黒の床があった場合、どちらの方がストレス軽減や顧客に不潔感を与えないと感じますか?実は、清潔感というのは、本当に清潔であることと同時に清潔感のある空間、この2つの観点から構成されているのです。

流行しているエステサロンというのは、店内を清潔にすることをはじめ、清潔感を感じられる内装デザインも取り入れた空間になっています。

コンセプトに基づいたデザイン

例えば、非日常感を楽しめるテーマパークを例に挙げると分かりやすいと思います。

夢の国というコンセプトがあることで、トイレの手洗い前に鏡が設置されていなかったり、テーマパーク内からは外部が一切見えなかったり、時計が設置されていなかったり、コンセプトに基づいた一貫性のあるデザインでまとまっています。

こうした軸がブレていないからこそ、テーマパークとして多くのファンにずっと愛されています。

これは、エステサロンにも同じことがいえます。例えば、高級エステサロンを売りにしているにもかかわらず、店内が安いインテリア、店内に流行りの音楽が流れている、そのようなことはよくある話です。

このように、店舗としてのコンセプトがブレていると、来店するお客様はサロンに違和感を覚え、それが居心地の悪さに繋がります。

エステサロンの内装デザインでは、コンセプトの明確化、エントランス、施術室、メイクルームなど、コンセプトに基づいた一貫性のあるデザインで空間を作れるかがポイントになります。

潜在意識を刺激するレイアウト

お客様の潜在意識を刺激するレイアウト、これも大事なポイントです。

例えば、その美容室が忙しい訳ではないのに、何か落ち着かないと感じたことはありませんか?また、レストランでも、なぜか落ち着かない経験をしたこともあるのでないでしょうか?

実は、心地の良い空間を作るためには、科学的なテクニックも重要になります。具体的にいうと、照明の色、角度、数、壁の色、ベッドの高さなどが挙げられます。

エステサロンとしてのコンセプトや物件の形状を考慮し、様々なテクニックを駆使することで、お客様の潜在意識を刺激して心地の良い空間を作っていきます。

歯科医院の店舗デザイン

歯科医院の内装デザインのポイント

業種の特徴を考慮する

歯科医院・クリニックでは、受付と待合室の奥に診療室があり、同時に2~3人の患者さんが診療に入ることができます。各ユニットについては、パーテーションで仕切られる形が一般的となっています。

その他にも、重い大型の設備が必要であったり、各診療ユニットに水道・消毒設備が必要であったり、仰向け診療による照明のグレア(眩しさ・眩惑)が起きないようにする工夫も必要です。

内装デザインのトレンド

image

ここ最近の歯科医院やクリニックのデザインは、今までと外観や内装が変わってきています。

一見すると歯科医院やクリニックに見えず、まるでカフェやギャラリーのような外観のデザインが多くなってきています。また、内装に関しても清潔感重視の内装から、木目や石というような自然素材を生かした、温かみのあるデザインへ変わってきています。

歯科医院に通う患者さんは、治療時の痛みや不安が強いといわれており、恐怖や不安を取り除く温かみのあるデザインが人気となっています。最近はプライバシーへの配慮も充実しており、完全個室の診療室を設けている所も増えてきています。

さらに、感染対策も重要視されるようになったことから、抗菌作用のある建材や素材なども注目されるようになっています。他にも、車椅子の利用を前提とした設計や建材の選択も、求められるように変わってきています。

インテリアの動向を知る

image

昨今、内装と同様に、インテリアにこだわっている所もたくさんあります。その理由の一つには、歯科医院には女性中心の新規患者が集まりやすく、リピート化が期待できるからです。

インテリアのスタイリストと契約して、季節のイベントに合わせたトータルコーディネートを行う歯科医院やクリニックもあります。

スタッフも女性の割合が比較的多いことから、ゆったりした気持ちで勤務できたり、患者さんへの対応も柔らかくなったり、患者の定着率アップに繫がる効果も期待することができます。

整骨院の店舗デザイン

整骨院の内装デザインのポイント

コンセプトが重要

image

まずは、内装デザインを整骨院のグレードに合わせることがポイントです。その理由は、店舗規模と内装デザインの質のバランスが取れていないと、来院した患者さんに違和感を与えてしまうからです。

内装デザインが整骨院のコンセプトに合っていることが、デザインを決める上での大きなポイントになります。そうすることで、患者さんにコンセプトを強く印象付けることができます。

また、気持ち良く施術を受けてもらうために、整骨院としてリラクゼーション効果を損なわない空間であるか、その点についても考慮してデザインを行いましょう。

清潔感がありシンプルであること

例えば、ブランケットがかけられた施術用ベッド、シンプルなインテリア、このように極力無駄を排除した空間もデザインとして人気があります。

また、天井にレールを取り付けることで、隣ベッドと仕切ることも可能です。ベッド下には、荷物用の収納かごがあると便利です。そして、施術機器に関しては、ボックスを用いてコンパクトに収納するのがお勧めです。

壁と天井のカラーにはホワイト系、床のカラーはグレー系が人気です。

マッサージ店のようなデザイン

最近では、女性の柔道整復師も増えています。女性というのは、男性に比べて施術はもちろん、内装や雰囲気も重視します。

そういった女性には、ナチュラルテイストの内装が支持されています。具体的には、大理石・タイル・木目調の床材、間接照明、壁材はベージュ系など、優しいカラー使いを用いる方法があります。

標準的な整骨院に比べて内装費用のコストは増えますが、その分、多くの女性客を獲得することで、客単価のアップが期待できるなど、多くのメリットもあります。

スポーツジムの店舗デザイン

スポーツジムの内装デザインのポイント

コンセプトが重要

image

スポーツジムでは、ジムのコンセプト、ターゲット層、商圏、物件、これらが上手くマッチしていることがポイントです。

これらの要素がしっかり決まっているか否かで、スポーツジムとしての売り上げにも大きく左右します。ジムのコンセプトやターゲット層などを明確にしてから、デザインを進めていきましょう。

清潔感を演出する

スポーツジムの内装デザインに関しては、やはり清潔感が重要になってきます。

室内、トイレ、シャワーなどが、いつも清潔で綺麗に保たれていることはもちろんですが、見た目のデザインにおいてもそれを表現することが大切です。

例えば、天井を高くして圧迫感を無くす、クリアガラスを設けて開放感を演出する、観葉植物を設けてリラックスした空間を作るなど、デザインによって様々な効果を期待することができます。

トレーニング中の環境を整える

お客様は、スポーツジムを自分が実際に利用する中で、そのスポーツジムのリピーターになるか、別のスポーツジムへ通うかを判断しています。

つまり、スポーツジムでのトレーニング中の環境が重要になってきます。清潔感だけでなく、人の動きに配慮した内装デザインにすることが大切です。

お客様は自分のペースでトレーニングマシンを使用したり、更衣室を行き来したりしていますよね。その際に、利用者とぶつかりやすい導線になっていないか、移動するための導線は確保できているかなど、導線を整えることが大切です。

スポーツジムの内装デザインでは、お客様やトレーナーがストレスなく移動できる配慮が必要になります。

無料見積り申込み・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積り申込み・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積りからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積り・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積り(現地調査も無料)
  • 紹介した業者に決めても、手数料は不要です。

店舗内装工事の見積り比較

最新の見積り依頼

初めてのお客様もご安心いただけますように、当サイトの「無料見積り申込」の状況をご覧いただけます。(更新日時:2021年7月24日 19時58分)

  • 過去100件の履歴はこちら
  • 2021年7月24日 東京都台東区 物販店
  • 2021年7月23日 東京都板橋区 ジム
  • 2021年7月23日 埼玉県越谷市 美容室
  • 2021年7月23日 静岡県浜松市 ジム
  • 2021年7月23日 埼玉県鴻巣市 食パン店
  • 2021年7月23日 東京都千代田区 焼肉屋
  • 2021年7月22日 茨城県水戸市 焼肉屋
  • 2021年7月22日 東京都大田区 シュークリーム店
  • 2021年7月22日 兵庫県神戸市 パーソナルジム
  • 2021年7月21日 大阪府大阪市 トリミングサロン
内装デザイン事例・お客様の声・見積書・提案事例

担当者

店舗内装工事見積り比較.comの担当者

最新の見積り依頼

  • 過去100件の履歴はこちら
  • 2021年7月24日
    東京都台東区 物販店
  • 2021年7月23日
    東京都板橋区 ジム
  • 2021年7月23日
    埼玉県越谷市 美容室
  • 2021年7月23日
    静岡県浜松市 ジム
  • 2021年7月23日
    埼玉県鴻巣市 食パン店
  • 2021年7月23日
    東京都千代田区 焼肉屋
  • 2021年7月22日
    茨城県水戸市 焼肉屋
  • 2021年7月22日
    東京都大田区 シュークリーム店
  • 2021年7月22日
    兵庫県神戸市 パーソナルジム
  • 2021年7月21日
    大阪府大阪市 トリミングサロン
  • 2021年7月21日
    兵庫県神戸市 花屋
  • 2021年7月21日
    大阪府大阪市 整形外科
  • 2021年7月21日
    東京都文京区 レストラン
  • 2021年7月20日
    千葉県富里市 レストラン
  • 2021年7月20日
    東京都台東区 ラーメン屋
  • 2021年7月20日
    東京都文京区 フリースクール
  • 2021年7月20日
    神奈川県川崎市 カフェ
  • 2021年7月20日
    東京都大田区 ヘアサロン
  • 2021年7月20日
    東京都福生市 脱毛サロン
  • 2021年7月19日
    福岡県福岡市 パン屋

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ