飲食店のグリストラップとは?設置基準と清掃基準も解説!

飲食店のグリストラップとは?設置基準と清掃基準も解説!

※本ページはプロモーションが含まれています。

飲食店を開業する時に気になるのは、「飲食店のグリストラップとは何なのか?グリストラップの設置は義務なのか?」ということではないでしょうか?

この記事を最後までお読みいただくことで、飲食店のグリストラップがどのようなものか、グリストラップを設置すべき理由を知ることができます。

当サイトは、2010年から数多くの飲食店を工事しており、類似サイト以上に多くの知識と実績がありますので、ぜひ参考にしてください。

結論から言えば、グリストラップとは、厨房の排水に含まれる生ゴミや油脂が下水に流れるのを防ぐための設備です。自治体によって、グリストラップの設置基準や清掃基準は異なります。

飲食店に設置するグリストラップとは?

グリストラップ(グリーストラップ)とは、飲食店の厨房の排水に含まれる生ゴミや油脂が、下水に直接流れてしまうのを防ぐための設備です。英語で表記するとGrease(油)+Trap(装置)となります。

グリストラップを設置していないと、生ゴミや油脂が下水道に直接流れて環境に悪影響を与えてしまうため、ほとんどの業務用の厨房にはグリストラップの設置が義務付けられています。

排水には下水に流しても良いとされる水質基準がありますが、業務用の厨房では一般家庭よりも油脂量が多いため、グリストラップを設置しないと水質基準を満たせなくなる場合があり、設置する必要があります。

グリストラップの生ゴミや油脂を放置すると、悪臭や害虫発生の原因となり、排水管の詰まりや逆流などの原因にもなるため、グリストラップは定期的に清掃する必要があります。

グリストラップ内に溜まった油脂や汚泥は「産業廃棄物」として処理する必要がありますので、構造をしっかり把握して清掃することがポイントです。

グリストラップの仕組み

グリストラップは、厨房の排水が入ってから下水道へ流れるまでに、それぞれ異なった役割を担う3つの槽に分けられていることが多いです。

第1槽目では、厨房の排水に混ざっている残飯や生ゴミを取り除きます。大きなゴミは網状のバスケットで受け止めて、バスケットから抜ける細かいゴミは、グリーストラップの下に沈殿していきます。

第2槽目では、仕切り板で水を滞留させることによって、さらに細かいゴミが分離され、油脂が浮上することで水と分離します。

第3槽目では、槽の下部にあるパイプのトラップを使い、さらにゴミや油脂分を分離させ、排水を下水道へ流します。

言葉ではイメージしにくいかもしれませんが、グリストラップのメーカーのホームページには、分かりやすく図解を載せているところもありますので、気になる方は探してみてください。

グリストラップの設置基準・清掃基準

飲食店を開業する時に、業態によってはグリストラップを設置するかどうか迷うことがあるかもしれません。グリストラップの設置は義務なのかどうか、設置する基準について見ていきましょう。

グリストラップの設置基準

グリストラップの設置基準というのは、自治体によって違ってきます。自治体によってはグリストラップの設置が義務づけられており、もし設置していないと罰金などが科されることもあります。

法律ではグリストラップの設置は義務化されていませんが、下水道法では、店舗の下水を定められた基準値より汚してはいけないと決められています。

もしグリストラップを設置していなければ、実際はこの下水の基準値をクリアすることはできませんので、実質はグリストラップの設置は義務だと考えるべきでしょう。

ですから、飲食店を開業するほとんどのケースで、グリストラップを設置する必要があります。グリストラップの設置の基準は自治体に問い合わせ、下水道法については国土交通省に問い合わせてみましょう。

グリストラップの清掃基準

意外に知られていませんが、グリストラップには設置基準の他にも、清掃基準というものもあります。

このグリストラップの清掃基準は、各自治体が設けているもので、グリストラップから出た生ゴミや油脂、そして汚泥などの処理に関する基準となります。

もしグリストラップの清掃基準を守らないと、罰金が科されたり、懲役が科されたりすることもあります。

ある自治体ではとても細かく清掃基準を作っていて、1日に1回はバスケットの中の生ゴミを処理し、週に1回は油脂を処理するようになどと定めています。

グリストラップのメリット

設置やメンテナンスが面倒なグリストラップですが、設置するメリットは非常に大きいです。そのメリットの1つは、下水道法を遵守できるということです。

飲食店では思った以上に油を使いますので、あっという間に定められている下水の水質基準を上回る汚れを排出します。もしグリストラップを設置していれば、水質をしっかりコントロールできるため、環境保護の観点からも大切な設備なのです。

飲食店を開業してからグリストラップを清掃する際に、グリストラップに溜まっている汚れを見て、いかにお店から生ゴミや油脂が出ているかということに驚くでしょう。

飲食店にグリストラップを設置する明確な法律はありませんが、下水道法を遵守するためにはグリストラップの設置は必須と言えるでしょう。

自治体によっては、グリストラップの清掃基準も細かく定められていますので、必ず開業する地域の自治体のルールをチェックしておきましょう。

グリストラップのサイズ・設置場所

飲食店にグリストラップを設置する時に、どれくらいのサイズの物を、どこに設置したら良いのか迷うこともあるでしょう。下水道法などの法律遵守の観点からも大切な設備ですので、よく理解しておきましょう。

グリストラップのサイズ

グリストラップ自体の設置を定めた法律が無いため、お店の規模によって、どの程度のグリストラップを設置しなさいという基準はありません。

しかし、グリストラップのメーカーに問い合わせれば、店舗の面積とお店の想定利用人数から、最適なサイズのグリストラップを教えてくれるでしょう。メーカーのサイトから簡単に調べられますので、気になる方は探してみてください。

同じ面積の飲食店でも、中華料理店などの重飲食と、カフェなどの軽飲食では、設置すべきグリストラップのサイズが変わってきます。そのため、大まかなフードメニューは、事前にある程度決めておいた方が良いでしょう。

グリストラップの設置場所

グリストラップは、いろいろな場所に設置することができます。

例えば、一般的なのは厨房の中に設置するケースです。厨房の中に設置する場合は、床の中に埋め込み式で、底が深くない浅型のグリストラップを、厨房の動線が崩されないような場所に設置します。

他にも、お店の外の厨房裏などに設置する屋外型もあります。これは1階の店舗でよくあるパターンで、排水経路上に設置することがあります。

屋外に設置するのは大型のグリストラップが多く、大量の油脂による臭いが問題となるケースなどに、外が設置場所としてよく選ばれます。

グリストラップの素材

グリストラップにはいろいろな種類があり、大きさだけではなく素材も異なります。例えば、FRP製のものやステンレス製のものがあり、それぞれに特徴があります。

FRP製のものは軽くて強度の高い素材で、清掃がしやすく、腐食に強いという性質があります。一方、ステンレス製はさびに強く、メンテナンスもしやすく、見た目も美しい状態を長く保つことができます。

これらの素材にデメリットはほとんどありませんが、強いてデメリットを挙げるのであれば、ステンレス製は腐食が始まってしまうと清掃が大変なことです。

FRP製は腐食がほとんどありませんが、お店を閉めたりグリストラップを交換したりして、今までのものを廃棄する時に、廃棄処理にお金がかかるということです。

飲食店には不可欠なグリストラップですが、グリストラップのサイズや設置場所、素材なども検討して、自分のお店に最適なものを設置しましょう。

まとめ

ここまで、飲食店のグリストラップがどのようなものか、グリストラップの設置基準や清掃基準について解説してきました。

こちらの記事で、飲食店のグリストラップについて知り、グリストラップを設置するメリットも知ることができたと思います。こちらの情報を参考にして、理想のお店が完成することを願っています。

無料見積もり申込・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積もり申込・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

当サイトは主にデザイン会社が加盟しており、上記の内容に適した業者を手配できないため、提携しているリフォーム無料一括見積もりサイトの「リショップナビ」をご紹介いたします。

  • 提携企業4000社、厳選された会社を最安値で!
  • 累計利用者70万人、月間利用者1.2万人を達成!
  • 希望に合ったリフォーム業者を最大5社ご紹介。
  • 紹介した業者に決めても、手数料は不要です。
  • 東京プライム上場企業の株式会社じげんが運営。

店舗内装工事の見積もり比較

デザイン事例・見積もり事例・お客様の声(タップで開閉)

担当者

店舗内装工事見積り比較.comの担当者

最新の見積もり依頼

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年4月16日 東京都豊島区 カフェ
  • 2024年4月15日 千葉県南房総市 居酒屋
  • 2024年4月15日 愛知県豊橋市 トリミングサロン
  • 2024年4月15日 千葉県流山市 カフェ
  • 2024年4月15日 東京都江戸川区 アイラッシュサロン
  • 2024年4月15日 東京都中野区 エステサロン
  • 2024年4月13日 鳥取県鳥取市 バー
  • 2024年4月13日 東京都中野区 パーソナルジム
  • 2024年4月12日 神奈川県横浜市 美容室
  • 2024年4月12日 佐賀県神埼市 ラーメン屋
  • 2024年4月12日 東京都世田谷区 居酒屋
  • 2024年4月11日 神奈川県横浜市 トリミングサロン
  • 2024年4月11日 東京都国立市 ジム
  • 2024年4月11日 東京都渋谷区 オフィス
  • 2024年4月10日 宮城県仙台市 カジノ
  • 2024年4月9日 東京都千代田区 美容室

無料見積もり・資料請求

無料見積もり・資料請求はこちら

このページの先頭へ