飲食店に必要な設備の費用を削減する方法

飲食店の開業で避けては通れないのが設備の購入です。特に厨房機器などは費用がかさむので頭を悩ませるところです。

では、設備の購入費用を安くするために、中古やリースを利用することにメリットはあるのでしょうか?

中古の厨房機器を使う

中古の厨房機器を上手に利用すると、かなり初期投資を浮かせることができます。しかし、中古の厨房機器を購入する際には、注意すべきポイントがあるので覚えておきましょう。

それは、冷蔵庫には特に注意するということです。冷蔵庫というのは24時間フル稼働するため消耗が激しく、よく状態を確認しないと中古品を購入することによって修理費用などがかさみ、結果的に高く付くことになりかねません。

冷蔵庫はモーターを使っているので壊れやすく、要注意な設備となっています。どうしても中古を買うのであれば、どれくらいお店が保証期間をつけてくれるかで状態を判断しましょう。

一方、食器棚や作業台、またバットやボールなどの設備は中古でもほとんど消耗していないので、さびなどを確認して問題が無ければ購入しましょう。

リースの設備を使う

費用のかかる厨房機器も、リースを利用して安く揃えることもできます。

リースを利用するメリットは、なんと言っても初期投資を抑えられるということです。リースなら毎月の利用料を払っていくだけなので、最初に設備購入の費用を準備する必要がありません。

さらに、月々のリース利用料を経費として落としていくことができます。厨房機器を購入してしまうと固定資産税や保険料がかかってきますが、リースの場合はそれらの維持費がかからないのもメリットです。

そして、何かトラブルがあったときにメンテナンスやサポートが受けられるのもうれしいポイントです。定期点検や故障時の修理を無料で行ってくれるサービスがあるので、いざというときには便利です。

POSレジのリースもおすすめ

レジというのは小さな設備ですが、飲食店では経費をコントロールする上で大切な物です。また、近年多様化する支払い方法にマッチングさせる上でも大切です。

最近では、昔ながらのシンプルなレジでは無く、POSレジを採用する飲食店が増えています。リースタイプのPOSレジはすぐに導入できますし、あらゆる支払い形態に対応できるのも魅力です。

これらのポイントを踏まえながら、中古やリースの厨房機器を上手に利用することで、飲食店の開業の費用負担を少しでも和らげていきましょう。

⇒ 厨房機器(新品・中古・リース)の無料見積りはこちら

内装デザイン事例・お客様の声・見積書・提案事例

担当者

店舗内装工事見積り比較.comの担当者

最新の見積り依頼

  • 過去100件の履歴はこちら
  • 2020年10月19日
    静岡県熱海市 ガールズバー
  • 2020年10月19日
    埼玉県草加市 リラクゼーション
  • 2020年10月19日
    東京都渋谷区 ショールーム
  • 2020年10月19日
    東京都豊島区 バー
  • 2020年10月19日
    神奈川県川崎市 中華料理店
  • 2020年10月19日
    福岡県久留米市 クリニック
  • 2020年10月18日
    埼玉県吉川市 レストラン
  • 2020年10月17日
    東京都渋谷区 居酒屋
  • 2020年10月16日
    東京都新宿区 エステサロン
  • 2020年10月15日
    東京都北区 ベーグル店
  • 2020年10月15日
    東京都豊島区 ジム・スクール
  • 2020年10月15日
    東京都中野区 居酒屋
  • 2020年10月14日
    東京都墨田区 バー
  • 2020年10月14日
    東京都千代田区 診療所
  • 2020年10月14日
    神奈川県鎌倉市 炭火焼き
  • 2020年10月13日
    大阪府大阪市 パン屋
  • 2020年10月13日
    福島県郡山市 サロン
  • 2020年10月13日
    東京都港区 内科クリニック
  • 2020年10月12日
    福岡県太宰府市 物販店
  • 2020年10月12日
    茨城県結城市 美容室

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ