美容室の開業でリースを活用する際のコツ

美容室を開業する際は、機器の購入や内装工事など様々なことに費用がかかるため、自己資金や融資だけで資金を集めるのは大変です。

リース契約であれば毎月の分割払いのため、初期費用を抑えることができます。自己資金や融資以外にも、リースという選択肢も検討してみましょう。

リースを利用して初期費用を抑える

美容室を開業するにあたって、1店舗目の経営である場合はなかなか資金調達も難しく、融資も思うように受けられません。経営者としての実績が無いため、銀行融資であればなおさら難しくなります。

自己資金をかなり多く用意し、資金調達が上手くいったとしても、経営をスタートしてから手持ち資金がゼロでは営業していけませんし、その先お店を継続していくことも難しくなってしまいます。

そんな時でも、リースを利用して必要な設備を揃えれば、調達した資金の何割かを営業経費にあてることもできます。リースを利用して初期費用を下げ、なおかつ新品の設備を使うことができます。

一気に揃えられない物はリースで

美容室を開業する場合、やはり多くの専門機器が必要となってきます。

シャンプー台や椅子は、一気に買い揃えるとどうしても費用がたくさんかかります。想定するお客様の数より、ある程度余裕を持たせて揃える必要があるため、一度で購入するのは厳しい場合もあります。

そんな時はやはり、リース契約を検討するのが良いでしょう。リースを利用すれば、毎月一定の金額を支払うことで、一度に多額の費用を払わずに必要な機器を導入できます。

自己資金や融資の借入金が足りない場合や、手元資金を多く残したい場合などは、リースを検討してみましょう。

リース契約で注意する点とは?

リース契約はとても便利で、駆け出しの経営者にとっては非常にうれしいシステムです。

しかし、何から何までリースにしてしまうと、結果として自分を苦しめることになります。複数の機材をリース契約すると、当然毎月の支払いが増えるため、利益を圧迫する可能性があります。

リース契約は便利ですが、節度が大切です。どうしても必要だけど高額で揃えられない部分だけ、リースで補うという方法が良いでしょう。便利だからとリースに頼りすぎず、部分的にリースを利用しましょう。

適度に初期費用の負担を減らしながら、無理のないリース契約を行い、理想的な美容室を開業しましょう。

内装工事のリース・ローンのご案内

当サイトが提携している、「内装工事のリース・ローン」をご紹介できます。

  • 内装工事のみも利用可能
  • 個人事業主、法人1期目も利用可能
  • 記入、押印なしで審査が可能
  • 自己資金、決算書不要で審査可能
  • 融資の審査に落ちても、審査通過の可能性
  • 審査回答は最短2営業日、標準でも5営業日
  • 上限1億円、金利3.9~4.9%、返済期間7年

内装工事リース・ローンの無料相談

内装デザイン事例・お客様の声・見積書・提案事例

担当者

店舗内装工事見積り比較.comの担当者

最新の見積り依頼

  • 過去100件の履歴はこちら
  • 2022年9月27日
    神奈川県横浜市 バー
  • 2022年9月27日
    東京都世田谷区 美容サロン
  • 2022年9月27日
    東京都中野区 脱毛サロン
  • 2022年9月27日
    東京都港区 エステサロン
  • 2022年9月26日
    大阪府大阪市 美容整形クリニック
  • 2022年9月26日
    大阪府三島郡 美容室
  • 2022年9月26日
    東京都北区 トリミング
  • 2022年9月26日
    東京都渋谷区 アパレル
  • 2022年9月26日
    茨城県ひたちなか市 パーソナルジム
  • 2022年9月26日
    東京都葛飾区 まつ毛エクステ
  • 2022年9月26日
    北海道札幌市 ゲームセンター
  • 2022年9月26日
    東京都足立区 ラーメン屋
  • 2022年9月26日
    埼玉県さいたま市 クリニック
  • 2022年9月26日
    東京都豊島区 バー
  • 2022年9月25日
    兵庫県神戸市 放課後等デイサービス
  • 2022年9月25日
    神奈川県鎌倉市 ギャラリー
  • 2022年9月24日
    神奈川県横浜市 整体院
  • 2022年9月24日
    大阪府高槻市 カフェ
  • 2022年9月24日
    東京都台東区 伝統工芸品店
  • 2022年9月24日
    京都府京都市 焼肉屋

無料見積り・資料請求

無料見積り・資料請求はこちら

このページの先頭へ