飲食店レイアウトを決めるときの3つのポイントを解説

飲食店レイアウトを決めるときの3つのポイントを解説

店舗のレイアウトは、お客様にまた来たいと思ってもらうために欠かせないポイントです。そのため、売上につながる重要な要素といえるでしょう。これは飲食店も同様です。飲食店もレイアウトのポイントを押さえることで、売上の増加につながります。

この記事では飲食店レイアウトの重要性や、レイアウトを決める際の3つのポイントなどを解説します。

飲食店レイアウトの重要性

飲食店において、レイアウトは次のような効果をもたらすため重要です。

  • 顧客満足度の向上
  • 競合との差別化

レイアウトによって競合との差別化を図り、顧客満足度を高めることでリピーターの獲得、売上の増加が期待できるでしょう。

顧客満足度を向上させるレイアウト

飲食店がレイアウトに注力することで、顧客満足度の向上につながります。例えば、お客様が移動しやすいように導線が確保されている、圧迫感を感じさせないといったレイアウトであればのびのびと食事ができるでしょう。

一方、お客様が移動しづらく、圧迫感を感じるレイアウトの場合、落ち着いて食事ができません。食事に集中できないレイアウトでは、また訪れようと思うお客様が少なくなってしまいます。

競合との差別化を図るレイアウト

レイアウトはお店のコンセプトが現れるポイントです。そのため、自店舗のコンセプトや魅力をレイアウトに落とし込むことで、競合となる他店舗との差別化が図れます。

自店舗の魅力をレイアウトに反映させるためにも、店舗がどのようなコンセプトなのか、どのような強みがあるのかを再度確認してみましょう。

飲食店レイアウトを決めるときのポイント

飲食店レイアウトを決めるときの3つのポイントを解説

飲食店レイアウトを決めるときのポイントは、次の3つです。

  • 客席はメインターゲットに合わせて配置する
  • 厨房のレイアウトはスタッフの動線を確保する
  • バックヤードのレイアウトを疎かにしない

飲食店のレイアウトを決めるときはお客様だけでなく、スタッフの働きやすさも考慮しましょう。

客席はメインターゲットに合わせて配置する

お客様が食事をする客席は十分な導線を確保するのに加えて、圧迫感がないようなレイアウトを心掛けます。テーブル同士の間隔は少なくとも600mm、通路は1200mmの幅を確保するのが一般的です。

客席のレイアウトを考えるときは、お客様の導線を確保するだけでなく、メインターゲットに合わせることもポイントです。

例えば1名や2名で来店するお客様をターゲットにしているのであればカウンターを、ファミリーや団体のお客様をターゲットにするのであればテーブル席や個室を確保しましょう。

厨房のレイアウトはスタッフの動線を確保する

厨房のレイアウトは大きく次の4つに分けられます。

  • 直線型:少人数で調理するのに適している
  • L型:小規模の飲食店で調理工程が多い場合に適している
  • 2列型:前後に調理スペースがあるため複数人での調理に適している
  • アイランド型:メインの調理場とは別にお客様に調理の様子を見せるのに適している

どのようなレイアウトを導入するかは、調理工程や調理のレギュレーション、設置する調理器具などを考慮して決定しましょう。

スタッフの動線を確保する際に見落としがちなのが、冷蔵庫や冷凍庫の配置場所です。十分な動線を確保したと思っていても、冷蔵庫や冷凍庫の配置場所によっては開閉する際に塞いでしまう可能性があります。

スタッフが動きやすい動線を確保するためにも、冷蔵庫や冷凍庫の設置場所には配慮しましょう。

バックヤードのレイアウトを疎かにしない

飲食店レイアウトは客席、厨房だけではなく、スタッフが着替えたり休憩したりするバックヤードにも気を配る必要があります。バックヤードのレイアウトは、次の3つをどう配置するかを考えましょう。

  • スタッフの休憩場所や更衣室
  • 金庫や店舗の鍵、書類の保管場所
  • 食材や備品の保管場所

勤務するスタッフの人数によりますが、休憩場所にはテーブルや椅子を用意してくつろげるような環境に整備します。休憩場所はすべてのスタッフが利用できるようにしますが、金庫や店の鍵などの貴重品は、限られたスタッフだけが入室できるような場所に保管しましょう。

また、大量に食材を仕入れた際に備えて、バックヤードに保管場所を用意しておくと便利です。バックヤードの保管場所には食材だけでなく、備品も備えられるようにしておくのがおすすめです。

飲食店レイアウトを決めるときの注意点

飲食店レイアウトを決めるときは、次のような点に注意しましょう。

  • 収納スペースが足りなくなった
  • 設備を搬入できなかった

飲食店レイアウトを決めてしまうと修正するのは難しいため、事前に注意点の反映が必要です。

収納スペースが足りなくなった

飲食店のレイアウトは多くを客席と厨房が占めているため、客席、厨房以外にスペースを取りづらい傾向にあります。そのため、収納スペースをうまく確保することが大切です。

収納スペースが足りなくなってしまうと、備品や食材が通路を埋めてしまいかねません。備品や食材が通路を埋めてしまうと、スタッフが働きづらくなってしまいます。

設備を搬入できなかった

飲食店ではガスコンロや大型のテーブル、冷蔵庫などの大型の設備を使用します。このような大型の設備は内装工事の段階で導入します。そのため、入り口を作る前に大型の設備を搬入しないと入らない可能性があります。

設備が搬入できなかったということがないように、レイアウトを担当する内装工事業者と厨房設備業者としっかりと事前の打ち合わせをした上で、計画的に工事を進めていきましょう。

【まとめ】飲食店レイアウトのポイントを押さえて売上の増加につなげよう

飲食店レイアウトによって顧客満足度の向上や競合との差別化を図れるため、店舗の売上増加につながります。飲食店レイアウトを決めるときは客席、厨房だけでなくバックヤードにも意識を向けましょう。

飲食店レイアウトを考える際は、どれくらいの費用が必要なのかも把握しておく必要があります。「店舗内装工事見積り比較.com」では飲食店の内装工事にかかる費用の見積もり比較が可能です。飲食店のオープンを控えている方はぜひご利用ください。

無料見積もり申込・資料請求はこちら!

24時間365日、いつでも見積もり申込・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック等の実績多数!
  • 見積もりからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積もり・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積もり(現地調査も無料)
  • 紹介した業者に決めても、手数料は不要です。

店舗内装工事の見積もり比較

最新の見積もり依頼

初めてのお客様もご安心いただけますように、当サイトの「無料見積もり申込」の状況をご覧いただけます。(更新日時:2024年4月19日 16時52分)

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年4月19日 東京都新宿区 オフィス
  • 2024年4月19日 東京都立川市 バー
  • 2024年4月19日 大阪府大阪市 サロン
  • 2024年4月19日 東京都渋谷区 アパレル
  • 2024年4月18日 神奈川県相模原市 居酒屋
  • 2024年4月18日 東京都渋谷区 バー
  • 2024年4月18日 埼玉県志木市 ダンススタジオ
  • 2024年4月18日 東京都中央区 サロン
  • 2024年4月17日 東京都文京区 オフィス
  • 2024年4月17日 東京都品川区 パーソナルジム
デザイン事例・見積もり事例・お客様の声(タップで開閉)

担当者

店舗内装工事見積り比較.comの担当者

最新の見積もり依頼

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年4月19日 東京都新宿区 オフィス
  • 2024年4月19日 東京都立川市 バー
  • 2024年4月19日 大阪府大阪市 サロン
  • 2024年4月19日 東京都渋谷区 アパレル
  • 2024年4月18日 神奈川県相模原市 居酒屋
  • 2024年4月18日 東京都渋谷区 バー
  • 2024年4月18日 埼玉県志木市 ダンススタジオ
  • 2024年4月18日 東京都中央区 サロン
  • 2024年4月17日 東京都文京区 オフィス
  • 2024年4月17日 東京都品川区 パーソナルジム
  • 2024年4月17日 東京都西東京市 居酒屋
  • 2024年4月17日 東京都中央区 鉄板焼き
  • 2024年4月17日 東京都練馬区 美容室
  • 2024年4月17日 大阪府大阪市 サロン
  • 2024年4月16日 東京都豊島区 カフェ
  • 2024年4月15日 千葉県南房総市 居酒屋

無料見積もり・資料請求

無料見積もり・資料請求はこちら

このページの先頭へ