カフェの内装費用|物件別の相場と安く抑える4つのコツ

カフェの内装工事費用と一般的な坪単価は?安くする方法も解説!

カフェを開業する場合は、居心地のよい空間を目指した内装工事が必要です。しかし、カフェの内装工事費用の相場や、注意点に詳しい人は少ないでしょう。

本記事では、カフェの内装工事費用を安く抑える方法や一般的な相場を詳しく解説します。ぜひ、今後カフェを開業したいと考えている人は、参考にしてください。

当サイトは、2010年から数多くのカフェを工事しており、類似サイト以上に多くの知識と実績があります。

結論として、カフェの内装工事費用は、新装か改装かによって大幅に変わります。

店舗内装工事の見積もり比較

【物件の種類別】カフェの内装工事費用の相場

【物件の種類別】カフェの内装工事費用の相場

カフェを開業する際の内装工事費用には、開業資金の50%ほどを費やすことが多いのですが、内装工事費用の一般的な坪単価はどれくらいになるのでしょうか?

本章では、2種類の物件における違いを解説します。

  • スケルトン物件の費用相場
  • 居抜き物件の費用相場

結論として、居抜き物件を活用したほうがカフェの内装工事費用は安く抑えられます。自分が開業したいカフェのコンセプトに似た居抜き物件があれば、活用するのがおすすめです。

スケルトン物件の費用相場

スケルトン物件でカフェを開業する場合の費用相場は、20坪程度で500万〜800万円です。もちろん、内装設備のグレードや大きさ、客席数によって大幅に変動するため、あくまで目安として考えておきましょう。

スケルトン物件の場合は、カウンターや棚などカフェに欠かせない設備を一から作成する必要があります。

また、電気や水道、ガスなどのインフラ設備にかかるコストも高額になるため、坪単価が25万〜40万円かかると覚えておきましょう。

居抜き物件の費用相場

居抜き物件でカフェを開業する場合の費用相場は、20坪程度で200万〜600万円です。居抜き物件に関しても、変更箇所や店舗の大きさによって大幅に変動するため、あくまで目安の金額です。

居抜き物件を活用する場合は、前のオーナーが作成したカウンターや棚をそのまま使用できる可能性があるため、費用が安く抑えられます。

厨房設備も引き継いで使用できますが、長く営業していた場合は、一度専門業者に点検してもらい、問題なく使えるか確認するのがおすすめです。

カフェの内装工事の一般的な坪単価

カフェの内装工事の一般的な坪単価

カフェの内装工事の坪単価は、個々のデザイン・設備・規模・立地などによって変わりますが、一般的にはおよそ25〜40万円/坪くらいとなります。

1坪はおよそ3.3m2で、1m2あたりの単価で言えばおよそ7.5〜12万円/m2です。このあたりの単価であれば、他の店舗と比較しても遜色のないお店にできます。

ややグレードの高い店舗を目指した場合は、それに伴って工事費用も上がり、およそ40~60万円/坪ほどになります。

またビルのテナント物件で工事を行うのではなく、建物1棟の内装工事を行う場合はさらに費用が上がり、木造建築の場合はおよその坪単価が60~80万円/坪です。

ただし、提供する食事によって厨房機器が大きく変わるため、坪単価はあくまで目安として捉えておきましょう。

カフェの坪単価は面積が狭いほど高くなる?

カフェの坪単価は面積が狭いほど高くなる?

他にも工事費用の坪単価を考える上で押えておきたいのが、工事を行う物件の面積が狭ければ狭いほど、逆に坪単価は上昇するという点です。

坪単価は総面積が広ければ安く、総面積が狭ければ高くなりますので、物件の広さによって金額が変わることがあります。

一般住宅の建築においても同様ですが、面積が狭くなっても必要な設備や経費が少なくなるわけではなく、面積が狭くなるほど「工事費用÷面積」を計算すると単価が上昇することになるのです。

面積が狭いからといって厨房やトイレ、エアコンやダクトなどの設備が減るわけではありません。

さらに、資材の運搬や仮設のための費用から、養生や人件費などについても大きく減るわけではありませんので、あらかじめ坪単価の仕組みを理解しておきましょう。

カフェの内装費用を安くする4つの方法

カフェの内装費用を安くする4つの方法

本章では、カフェの内装費用を安くする4つの方法を詳しく解説します。

  • 設計作業をある程度自分で行う
  • 居抜き物件を活用する
  • 余裕のあるスケジュールを心がける
  • 必ず複数の業者に見積もりを依頼する

カフェの内装工事で、想定していたより高い金額の見積もりになると資金巡りに苦労します。そうした時でも、内装工事や設備の費用を安くする方法がありますので、ぜひ参考にしてください。

設計作業をある程度自分で行う

まず、内装工事費用を安くするポイントとして挙げられるのは、設計に関わる作業をご自身である程度を行ってから、内装業者に依頼するという方法です。

設計と聞くと専門的な知識が必要になると思われがちですが、自分で描いたスケッチを内装業者に渡し、それを図面にしてもらうだけでも費用の削減が可能です。

施工業者に設計を依頼した場合は、およそ工事総額の5%ほどの支払いが求められることになり、施工とは別に設計士に依頼した場合は、工事総額の10~15%ほどの費用がかかります。

総額に対して5~15%の削減ともなれば非常に大きいので、費用負担を減らす上では大きなメリットがあります。

完成度が高くないスケッチの場合でも、少しは費用の削減に繋がりますので、内装業者と話し合いをしておきましょう。

ただし、自作した場合はプロが作成した図面ではないため、後で設備や配置に問題が生じることもあります。そのため、現実に即した形になるように既存の店舗を参考にするのがおすすめです。

居抜き物件を活用する

カフェの内装費用を抑える効果的な方法は、居抜き物件の活用です。居抜き物件とは、以前のテナントが使用していた内装や設備がそのまま残っている物件を指します。

居抜き物件を活用すれば、新たに内装を設計・施工する必要がなく、大幅なコスト削減が可能です。また、既に内装が整っているため、短期間で開業準備を進めることができる点も魅力といえます。

居抜き物件の活用は、カフェの内装費用を大幅に節約する有効な手段です。適切に活用すれば、質の高い内装を低コストで実現できるでしょう。

余裕のあるスケジュールを心がける

カフェの内装費用を抑えるためには、余裕のあるスケジュールを心がけることが重要です。内装工事には時間がかかるため、タイトなスケジュールでは追加費用が発生しがちです。

急ぎの工事では職人の手配や材料の調達に特別料金がかかることがあります。また、急ぎの変更や修正が必要になる場合もあり、それらが費用を押し上げる原因となります。

予期せぬトラブルにも柔軟に対応できるため、余裕のあるスケジュールを心がけましょう。

必ず複数の業者に見積もりを依頼する

カフェの内装費用を抑えるためには、必ず複数の業者に見積もりを依頼することが重要です。1社だけに依頼すると、その価格が相場と比べて適正かどうか判断が難しくなります。

複数の業者から見積もりを取ることで、価格やサービス内容を比較検討でき、最もコストパフォーマンスのよい選択ができるでしょう。

しかし、一社ごとに問い合わせて依頼する行為は、膨大な時間と手間がかかります。

おすすめは、簡単な入力だけで一括して複数社に見積もりを依頼できるサービスの活用です。最小限の時間で、さまざまな会社に依頼できるため、コストパフォーマンスに優れています。

当サイトでは、24時間いつでも見積もり申込・資料請求できるため、ぜひ活用してください。

店舗内装工事の見積もり比較

カフェの設備費用を安くする方法

カフェの設備費用を安くする方法

続いて、内装工事の中でも設備にかかる費用を安くしたい場合は、新品の機材を購入するのではなく中古の機材を取り入れたり、リースを利用することも1つの方法です。

開業する際には全て新しい機材を入れたいものですが、全て新品で購入すると多くの費用がかかります。

カフェの場合は飲料の提供が中心で、エスプレッソマシンや製氷機などは大きな出費になりますが、出費はそれだけには留まりません。食事のメニューにも力を入れているお店の場合は、特にお金がかかる厨房機器も充実させる必要があります。

カフェに必要な厨房機器としては、主に業務用のコンロ・オーブン・冷凍冷蔵庫などが挙げられます。

さらに客席の椅子やテーブルなどの家具も高額になりますので、初期費用を減らすためにも、中古やリースを活用することを選択肢に入れておくと良いでしょう。

カフェの内装費用を左右する3つのポイント

カフェの内装費用を左右する重要な3つのポイント

最後に、カフェの内装費用に関係する、カフェの重要な3つのポイントを解説します。

  • カフェのコンセプト
  • カフェのターゲット客
  • 席とメニュー数

それでは、詳しく見ていきましょう。

カフェのコンセプト

カフェのコンセプトは、内装工事費用に大きな影響を与えます。カフェの雰囲気に合わせた店内のデザインが求められるためです。

例えば、若者向けのスタイリッシュなカフェと大人向けのクラシックなカフェでは、内装工事で選ぶ素材やインテリアが大きく異なります。

オリジナリティを重視したい場合は、特注家具やアート作品の展示なども考えられるため、さらに費用がかかるでしょう。カフェのコンセプトを明確にすれば、無駄なコストを抑えながら理想的な空間を作り上げられます。

カフェのターゲット客

2つ目のポイントとして、カフェのターゲット客が挙げられます。カフェのコンセプト同様に、カフェのターゲット顧客によって、必要な設備やデザインが変化するためです。

ビジネスマン向けにカフェを開く場合は、電話ができるスペースや各座席に充電スペースを確保する方が喜ばれるかもしれません。反対に、若者向けにカフェを開業する場合は、インスタ映えする装飾が好まれるでしょう。

ターゲット客のニーズに合わせた内装を計画することで、効率的に予算を配分し、魅力的なカフェを実現できます。

席とメニュー数

カフェの内装費用に大きな影響を与える要因の一つが、席とメニュー数です。席数が多いほど広いスペースが必要となり、その分内装費用も増加します。

さらに、多様な席タイプを用意することで、顧客の快適さを向上させられますが、費用に影響します。

また、メニュー数を増加させるには、調理設備や収納スペースの確保が必要です。そのため、席とメニュー数を適切に計画し、それに基づいて内装を設計することで、効率的にコストを管理し、魅力的なカフェを実現できます。

カフェの内装デザイン事例・見積もり提案事例

当サイトの加盟業者様が施工した事例です。以下のリンクから、カフェの「内装デザイン事例・見積もり提案事例」をご覧いただけます。

無料見積もり申込・資料請求はこちら!

カフェ内装費用の無料見積もり申込・資料請求はこちら!

ここまで、カフェを開業する際の内装工事費用の目安、安く抑える方法などを詳しく解説しました。

本記事を参考にして、事前に決めておくべきポイントや費用相場が知れたと思います。ぜひ、得た知識を参考にして理想のお店が完成することを願っています。

24時間365日、いつでも見積もり申込・資料請求できます!<完全無料・全国対応>

  • 飲食店・美容室・クリニック・オフィスの実績多数
  • 見積もりからプラン提案まで、すべて無料です。
  • 最大3社~5社の見積もり・提案を比較できます。
  • あなたの近くの業者が見積もり(現地調査も無料)
  • 紹介した業者に決めても、手数料は不要です。

店舗内装工事の見積もり比較

最新の見積もり依頼

初めてのお客様もご安心いただけますように、当サイトの「無料見積もり申込」の状況をご覧いただけます。(更新日時:2024年6月17日 18時57分)

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年6月17日 東京都世田谷区 アパレル
  • 2024年6月17日 東京都千代田区 ラーメン屋
  • 2024年6月16日 神奈川県横浜市 美容室
  • 2024年6月16日 大阪市東大阪市 整骨院
  • 2024年6月16日 埼玉県さいたま市 ガールズバー
  • 2024年6月16日 東京都台東区 バー
  • 2024年6月15日 東京都渋谷区 バー
  • 2024年6月15日 神奈川県横浜市 ヘッドスパ
  • 2024年6月15日 兵庫県芦屋市 カフェ
  • 2024年6月14日 大阪府高槻市 弁当屋
デザイン事例・見積もり事例・お客様の声(タップで開閉)

担当者

店舗内装工事見積り比較.comの担当者

最新の見積もり依頼

  • 見積もり依頼の一覧はこちら
  • 2024年6月17日 東京都世田谷区 アパレル
  • 2024年6月17日 東京都千代田区 ラーメン屋
  • 2024年6月16日 神奈川県横浜市 美容室
  • 2024年6月16日 大阪市東大阪市 整骨院
  • 2024年6月16日 埼玉県さいたま市 ガールズバー
  • 2024年6月16日 東京都台東区 バー
  • 2024年6月15日 東京都渋谷区 バー
  • 2024年6月15日 神奈川県横浜市 ヘッドスパ
  • 2024年6月15日 兵庫県芦屋市 カフェ
  • 2024年6月14日 大阪府高槻市 弁当屋
  • 2024年6月14日 東京都世田谷区 雑貨屋
  • 2024年6月14日 埼玉県春日部市 サロン
  • 2024年6月13日 東京都中野区 バー
  • 2024年6月13日 東京都世田谷区 テイクアウト
  • 2024年6月13日 福岡県北九州市 和食店
  • 2024年6月13日 大阪府大阪市 飲食店

無料見積もり・資料請求

無料見積もり・資料請求はこちら

このページの先頭へ